2018年10月13日 土曜日

Marc Veyratシェフに会いに vol,1

L1070080

アヌシー湖の湖畔に以前はマーク ヴェラシェフのお店、オーベルジュ ドゥ レディダンが有りました。

 

L1070090

とても綺麗な湖で、休みの日は友達とよく泳いでいました。

トップレスの女性を見に行くと言う目的もありました。

 

 

 

 

L1060919

ここが30年前に働いていたマーク ヴェラシェフのお店です。

今はもちろん有りません。

 

L1060916

いつも仕事終わりに見ていた湖畔の夜景。

 

 

L1060924

その時に住んでいたとても親切なマダム ケトンの家の跡。

夜中一人でここに立ち、当時の頃を思い出すと、少し泣きそうになりました。

 

 

 

 

 

 

L1070312

その時働いていた仲間たち。彼らとは今でも交流が有ります。

 

 

 

 

L1070310

シェフは料理人の前は、アルプスの山の中で、木こり、羊飼い、スキーのインストラクターなど、料理人としての修業はしていませんでした。

よくそのころ話してくれました、「その頃の俺の財産は羊が3頭、そしてポケットに50フラン札一枚だった」と。

 

 

L1070307

でもこの頃には家を2軒、車を4台、そしてクルーザー、、、

よくクルーザーに乗せてもらったり、車でスイスに連れて行ってもらったり、本当に楽しい毎日でした。

 

L1070302

シェフはラ ビュット ボワゼにもオープンしてすぐの頃、来てくれました。

 

 

L1070324

その時にレセプションの壁にメッセージを書いてくれました。

「日本の伝統のあるお店と、森重の才能により、この場所は必ず幸福の通る道となるだろう」と。

 

 

2018年10月6日 土曜日

SAFFRAY ARNAUDシェフへ会いに

L1060873

リヨンからアヌシーへ。

車窓からAIX-LES-BAINSの湖が見えると、アヌシーはすぐ近くです。

 

L1060883

アヌシーでレンタカーを借りて、St-GervaisのRestaurant Rond de Carotteへ

 

 

L1060884

高速道路からは万年雪のかぶったフレンチアルプスが見えます。

 

L1060903

St-Gervaisは坂の途中にあるフレンチアルプスの麓の小さな可愛らしい街です。

 

L1060896

アルノーは8年前にうちのお店で一年ちょっと働いていたフランス人です。

帰国して2年前奥様と二人でお店をオープンしました。

L1060895

ロンド キャロットは山小屋風の小さな可愛らしいレストランでした。

 

L1060893

 

実は、今回は予約もしないで尋ねる事も内緒にしていて、まったくのサプライズで訪問しました。

9年ぶりのサプライズの再会。涙が出そうなくらい感動しました。

 

 

L1060914

奥様とアルノーと一緒に。

日本でうちに住んでいた頃は若い青年のイメージでしたが、今では4歳の男の子のパパの顔になっていました。

奥様も日本に来て自宅に泊まった事もあります。

二人ともとても良くしてくれて、美味しい食事、素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。

Merci beaucoup ARNAUD

A bientôt

 

PS

高速道路でちょっとしたトラブルが有り、インターでの支払いの時、お札を入れる所に、間違えてクレジットカードを入れてしまい、出なくなり、パニックになりました。係りのマダムを読んで、事情を話し、機械を裏から開けてもらい、クレジットカードを救出してもらいました。後ろには何台か車が並び、気まずい思いをしました。アルノーに話すと、大笑いされました。

 

 

2018年10月5日 金曜日

秋のワイン会 2018

10月12日のワイン会の料理の概略が決まりましたのでお知らせします。

ワイン会メニュー

・秋の食材の一口オードヴル

・小田原市場の鮮魚のマリネ 野生のキノコのコンソメ添え

・相模湾の白身魚 クリュスタッセのソース

・旭川の宮下さんの仕留めたマガモ、カルガモ

信州蓼科のアンニンゴのソース

・フロマージュブランのクレームブリュレ

タンバル ショコラ キャラメルのムース、、、ザクロのジュレ

・プティフール

・落合ハーブ園のオーガニックハーブティ又はコーヒー

L1070339

 

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

10月12日のワイン会のワインの概略が決まりましたのでお知らせします。

L1070327

 

Champagne

Tittinger Comte de Champagne Blanc de Blanc ’06

Vin blanc

Henri Boillot Batard Montrachet ’12

Nicolas Joly Clos de la Coulee de Serrant ’14

Vin Rouge

Louis Jadot Clos Saint Denis ’07

Ch,Cos D’Estournel ’08

Moelleux

Moulin Touchais Coteaux du Layon ’71

以上を予定しています。ワインに合ったお料理等は、また追ってお知らせします。

よろしくお願いします。

PS

今月の9月の17日をもちまして、24周年を迎える事が出来ます。

つきましては、15日16日17日にご来店のお客様に、心ばかりの

小さなプレゼントをご用意しております。

ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

 

次回のワイン会は10月12日(金)PM7時からを予定しています。

詳細は追ってお知せ致します。

ご予約をお待ちしております。

 

 

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

お花見ワイン会 2018

 

L1060070

 

 

 

4月4日水曜日 19時からのワイン会のワインが決まりました。

料金 ¥20,000  料理・ワイン・税・サ込み

ご予約お問合せ 03-3703-3355

次回のテーマは夜桜を見ながらのワイン会です。

当日のワインが決まりましたのでお知らせいたします。

L1060135

 

Champagne

Pol Roger Rose Brut Vintage 2008

Vin Rose

Comte Lafond Sancerre Rose 2013

Vin Blanc

Marc Morey Chassagne Montrachet 1er Cru Morgeot 2011

Vin Rouge

Ch, Leoville Las Cases 1997

Regnard Latricieres Chambertin 2000

Moelleux

Marc Bredif Vouvray “Nectar” 1990

【メニュー】

 

お花見の一口オードブル

秦野の春野菜の一皿

相模湾からの鮮魚

北海道 よしもり牧場の子羊

春のフルーツのデセール

オーガニックフレッシュハーブティー又はコーヒー

プティフール

 

 

以上を予定しています。

ご予約をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

2018年9月29日 土曜日

Takano Takaoシェフに会いに

L1070093

高野シェフに会いにパリ、Gare de LyonからTGVでリヨン駅へ。

 

 

L1060851

途中の車窓から見える景色は、永遠と畑、草原やブドウ畑が続き、改めてフランスは農業国なんだと、痛感します。

 

L1060856

リヨンのRestauant TAKAO TAKANOへ。

 

L1060858

高野君は20年くらい前、大学生のころからうちのお店に来ていて、そのままうちのお店で働き始めて、それからフランスで働き始めました。

 

L1060855

今年二つ星を取り、すごく勢いの有るレストランです。

 

 

L1060861

奥様と三人の子供たち。ちょうど食事の途中に学校から帰ってきました。

高野君そっくりです。

grandeche

とても素晴らしい食事と、美味しいワインを御馳走になりました。

とても楽しい時間を過ごす事が出来ました、本当にありがとうございました。

 

 

L1060872

奥様と高野君と一緒に。

 

2018年9月22日 土曜日

2018 フランス

L1070106

今年のヴァカンスはフランスへ思い出の場所、友人たちを訪ねる旅に行きました。

 

L1060813

まずは、30年前の思い出の場所、Nationへ。

 

 

L1060817

その近くのCharonneという駅。

L1060818

30年前にrue de charonneのフランス人のマダムに一部屋を借りて住んでいた建物へ。とても懐かしく、

L1060821

週末には、この肉屋さんでお肉を買って、マダムたちと一緒に食事をしていた事を思い出しました。

L1060822

いつも使っていたCharonneのメトロ9番線。その当時と雰囲気や匂いなどは変わっていませんでした。

 

L1070249

 

PS

9月の17日をもって、皆様に支えられて、お陰様で24周年を迎える事が出来ました。

今年もお客様のNさんに美味しいケーキを頂きました。

ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

2018年9月15日 土曜日

初秋の羽田沖

L1060789

羽田沖の対岸に飛行機が夜中飛び交う海岸で、また夜釣りを決行しました。

 

 

L1060787

ルアーで挑戦するつもりでしたが、あまりにも最近釣れていないので、今回は餌も持参しました。

 

L1060791

3時間でやっと一匹。でも相当嬉しかったです。

L1060794

 

スズキの稚魚、セイゴ、フッコでもない、まさしく稚魚です。

同行した藤田君曰く、顔が幼いと。

次回は、成長したスズキを狙います。

 

2018年9月8日 土曜日

つなぎ

IMG_4286

南房総にある家具工房つなぎ

 

 

L1060725

先日のウェディングをされた方は、南房総の勝浦で家具工房つなぎを営んでいます。

 

L1060732

家具工房、ショールームにお邪魔しましたが、周りが田んぼで、なぜだかアマガエルが沢山いました。

 

L1060738

牛舎を改装された工房です。日本一かっこいい牛舎を目指し、お客様が家具を見るだけではなくて、実際に使って感じて頂けるショールームがコンセプトだそうです。

 

 

L1060734

中田さんはこの工房で東北の山桜や檜を使って、椅子やその他の家具を作られています。

 

L1060735

これは、檜で作られたお寿司屋さんのネタケースです。

この間はこのケースをハワイまで送ったそうです。

人と人との出会いも大切にされていて、週末には”Cafeべこ舎”として営業されています。

2018年9月1日 土曜日

稲垂れる

L1060786

牧島さんの畑も夏野菜もひと段落し、秋の野菜が少しづつ実り始めました。

 

 

 

 

L1060780

稲も実るころです。田んぼの周りは、スズメ脅しがありますが、スズメたちはまったく気にする事無く、自由に稲穂をついばんでいました。幼いころおばあちゃんが大きな声でスズメを脅していたのを思い出しました。

 

 

L1060776

PS

前のタンクローリーは中身は全部チョコレートのようです。

 

 

 

2018年8月24日 金曜日

トリュフ 2018丹沢

L1060768

残暑も厳しい中、里山も少しずつ秋の気配を感じます。

L1060759

丹沢の森の中で今年初のトリュフを収穫。

 

 

 

 

 

 

L1060762

雑木林の中に樫の木があり、その近辺でトリュフを採取しました。

 

L1060756

去年はまったく採れませんでしたが今年はいつもの場所で見つけました。

本来ならばうちの犬をトリュフ犬に育てて見つけさせようと思っていましたが

そもそもうちの犬は散歩も嫌いなので、まったく役立たずです。

いつも嗅覚と勘で森を歩き回り自力で見つけています。

お客様にお出したら皆さん国産のトリュフ?と、日本でも採れるの?と驚かれます。

2018年8月18日 土曜日

ひぐらしの鳴く竹林

L1060544

松下さん家の竹が一本畑の方に出てきたようで、それを少し頂いて料理を仕上げました。

 

 

L1060677

函館の魚と牧島さんの夏野菜の一皿

L1060681

小田原市場からの魚介と、松下さんの山葵の一皿

L1060684

小泉さんの無花果と野菜とシャラン産鴨の一皿