2019年5月18日 土曜日

竹笋生

 

L1080375

 

筍の季節も終盤に近づいてきました。

 

L1080378

 

今年も松下さんの裏山で筍を掘らせて頂きました。

 

L1080382

結構竹林は急斜面ですが、掘りやすい場所を見つけてもらいました。

 

 

L1080384

筍の根の伸びている方を見極め、慎重に掘ります。

 

 

L1080388

今年は形の良い太めのものを失敗することなく、掘ることが出来ました。

松下さんのお孫さんはおじいちゃんにしっかり指導してもらっていたらしく、仕事に行く前に軽く10本以上は掘るそうです。

 

 

L1080337

松下さんは伸びきった筍も捨てることなく、もったいないからと言ってうまく調理します。

 

 

L1080343

 

こんにゃく作りはもちろんですが、山葵や筍をつかった料理は美味しく、どれを頂いても里山の季節を感じる味わいです。

 

L1080409

PS 1

朝庭で準備体操をしている時、上を見上げると桜が咲いていました。

 

 

L1080456

 

PS 2

今年も主たちが出て来ました。

しっかり車に轢かれないように秋までパトロールします。

 

2019年5月11日 土曜日

横浜車検場にて

L1080309

まずは品川の時と同じように、車検場の近くの民間整備工場にて。

ライトのチェックをしました。

 

L1080311

左ハンドルで車も古いので、ライトの向きを修正するのには結構手こずります。

メカニックの人も針金で引っ張ったり、いろいろと手を尽くしてくれ、修正してくれました。

 

 

L1080312

いざ本番です。

車を通すレーンが6レーンくらいあり、初心者や慣れていない人は一番右端のレーンに並びハザードをつけてまっていると、係りの人が初心者だと思って親切に手順を教えてくれます。

 

 

L1080316

だが、このレーンを通すのにライトのハイビームやブレーキ、サイドブレーキそして、一番緊張する項目が、ローラーの上で40キロまで速度を上げて40キロに到達したらパッシングをしてくださいと言う点検です。

 

L1080321

中間では排気ガスの点検で自分でその排気ガスを計る棒をマフラーに入れて点検します。

 

 

L1080325

最終的な項目はレーンの中央に穴が開いていて、下で係員がブーツ関係、足回り等を点検します。どうにか全ての項目に合格をもらい、これから2年間は安心です。

でもやはり、車検場のレーンを通すのにはとても緊張します。

 

 

2019年5月4日 土曜日

amiユーザー車検へ

L1080305

amiの車検が2月前に切れていました、知らないと言う事は怖い事で、、、

車を動かせないので区役所に行って仮ナンバーの手続きをしました。

手続きは簡単ではありましたが、やはり申請する人はすべてプロ車屋さん達でした。

 

L1080287

車検を通すために、まず排気漏れの修理。

 

 

L1080290

メカニックの上甲くんに来てもらい、ブーツ関係も点検してもらい、今回は仮ナンバーで横浜の車検場にもっていきます。

 

 

L1080291

 

L1080308

品川の車検場より横浜の方は少し混雑していました。

1時間以上は並んで待ちました。

 

 

2019年4月27日 土曜日

丹沢の薄墨桜

L1080230

蓑毛の里山に有る薄墨桜は、地面に咲く菜花の黄色と対照的に、淡い桜色の花が美しく、毎年楽しみにしています。

 

L1080333

春の夜、横浜の青葉区にあるヴェルベンヌというレストランに食事に行きました。

 

 

L1080327

20年くらい前にうちのお店で働いていた阿部くんが独立して開いたお店です。

昔話に花が咲き、とても楽しく素敵な食事を頂きました。

ありがとうございました。

 

2019年4月22日 月曜日

松島 陽一さんと共にお花見賄い2019

L1080270

今年のお花見賄いは特別な思いが有りました。

お客様の松島さんとの、突然のお別れ。

毎年お花見にも食事にいらっしゃっていて、「ここは僕にとって世界一のレストランなんだよね」とよく仰っていて頂いていて、私たちはその言葉にどれだけ励まされた事か。私たちは松島さんの力強い握手、大きな笑い声、そして笑顔を決して忘れません。今までどうもありがとうございました。

 

 

L1080239

スタートはテラスでの乾杯。

 

 

L1080241

寒い中桜を見上げてのシャンパン。

 

 

L1080235

今年はとても寒く、外で出来る状況では無かったので、2階での食事に変更。

 

 

L1080245

スタッフと近所の人との和やかなお花見。

 

 

L1080256

夜桜。

 

L1080264

 

 

L1080257

 

 

L1080250

 

L1080303

 

今年は花冷えの影響で、桜の花がすごくもちました。

もしかしたら、ゴールデンウィークにも、まだ少し残っているかもしれません。

 

 

2019年4月13日 土曜日

広島で農作業

L1080132

実家に帰ると必ず寄る龍泉寺

 

 

L1080130

いつの季節に来ても変わらぬ風景

 

 

L1080128

心休まる落ち着く場所です。

 

L1080121

実家の畑で何10年ぶりにクワを使っての農作業

 

L1080109

春になって一気に伸びた農作物

 

L1080124

薹が立って食べれない野菜を抜き、畑を耕します

 

L1080127

最後には管理機で畑を耕し、春の苗ものを植えます。

自分なりにはなかなかうまくやったつもりでしたが、妹に言わせると

「猪が荒らしたのかと思った」と、一言

 

 

2019年4月6日 土曜日

里山にも春が

L1080197

丹沢の沢の自生山葵の花が咲くと、春が来たなと感じます。

 

 

L1080135

山の斜面には菫も咲き始めました。

 

 

 

 

L1080177

タンポポ、ヨモギ、スイバ、春の野草たち。

 

 

 

 

 

L1080168

 

虫たちも活発に動き始めました。

 

 

L1080184

 

森の奥では木苺の花が一面咲いています。

 

 

L1080190

 

丹沢の枝垂れ桜も今が見ごろです。

 

L1080196

 

芝桜も一面に咲いています。

 

L1080189

山の奥の山桜はまだ2分咲です。これから一気に春が山を駆け上っていきます。

 

2019年3月31日 日曜日

桜始開2019

L1080162

 

今年の桜は満月の夜にひっそりと開きました。

 

 

L1080206

それから数日寒い日が続いたので幹の所に咲く弥子桜の花は何日か遅れて咲きました。

 

 

L1080218

 

今年も感謝の気持ちを込めて、シャンパンロゼのお神酒を捧げます。

 

PS

今年のお花見は賄4月の2日(火)18時~20時を予定しています。

スタッフと身内だけのささやかなお花見ですが、お時間の有る方はお寄りください。

参加される方はご一報いただければ有りがたいです。

 

 

2019年3月23日 土曜日

水彩画とフランス車

L1070979

名古屋のアウト ガレリア ”ルーチェ”にて

 

L1070980

永島 譲二の世界”水彩画とフランス車”に

 

L1070981

知人の車が展示されたので見学に行きました。

 

 

L1070989

彼はカーデザイナーでフランス車をこよなく愛する人です。

 

 

L1070991

ami6も展示されていました。彼の柔らかいタッチはamiの愛らしさをとても上手く表現していると思います。

 

 

L1070994

ami superと兄弟のami6 後ろのクリフカットが特徴の可愛らしい車です。

かつてシトロエンのスタイリング部門を統括していたフラミニオ・ベルトーニは

amiのデザインが一番好きだと言っていたそうです。

 

 

 

2019年3月16日 土曜日

春の訪れ

L1080076

丹沢の日当たりのいい斜面では、土筆が芽を出しました。

 

L1080071

蕗の薹も芽吹いています。

 

 

 

L1080079

沢ではクレソンの新芽、野芹も若葉をつけ始めました。

 

 

L1080051

 

畑ではネットの下に芽吹いてくる小さなサラダを牧島さん丁寧に採ってくれます。

 

L1080059

隣の畑の山羊のゆきちゃんに友達が出来ました。