2015年10月24日 土曜日

やぎの里

 秋風にゆれるコスモスを見ていると、小学校の頃の通学路を思い出します。

 丹沢そばの花も満開です。新蕎麦が今から待ちどうしいです。

 中井のやぎの里の相原さんの畑に行きました。

 畑の丘の上からは富士山がくっきり見えます。

 遠くには相模湾と大島まで見えます。
以前は森の木が少し邪魔をして見れなかったそうですが
木を少し伐採して、海を見渡せるようにしたそうです。

 十数頭の山羊がいます。「ミルクを採るんですか?」と尋ねると
「ただのペットだよ」との事。

  中には羊もいました、これもペットか?

 なんとタヌキもいます。このタヌキは左目が悪く
足も怪我をしているところを相原さんが保護をし、
目薬をさし、治療してやり今やっと食欲が出てきたそうです。
農家にとっては外敵のタヌキを保護する相原さんの優しさには
人柄を感じました。
 

 ちなみに子ダヌキの名前は”ポンちゃん”だそうです。