2019年10月5日 土曜日

アネロン効かず

L1090003

穏やかな相模湾でしたが、、、

 

L1090010

伊東のエルマイヨンの稲元夫婦の奥さんのサトちゃんは釣り開始5分でメジマグロの幼魚を釣り上げて、その後5分でグロッキーです。しっかり酔い止め薬アネロンを飲んでいたにもかかわらず、、

 

L1090022

旦那の方は全く気にせず淡々と釣り上げています。

 

 

L1090019

約一時間で一人これぐらいは釣り上げました。

 

L1080997

横浜のヴェルベンヌの阿部君も酔い止めが効かずすぐにリタイヤしましたが、

本人は酔ったのかと思ったそうですが、実は熱中症でした。

症状は、首から肩にかけて尋常じゃない汗が吹き出し、視界の半分はブライドを下したように見えなくなったようで、餌もつけれない状態になってしまいましたが、

水分補給、涼しい所での休息により復活しました。

L1090016

 

ニュージーランドのオークランドで長期間働いていた堀内君も釣りは初心者でしたが、まずまずの釣果でした。 

L1080986

お花屋さんの植木さんは、奥さんには小さい魚はいらないからと、しつこく言われたようで、常に大物狙いでした。

 

 

L1090023

本日の釣果、満足のいくものでした。

前回の尾道の金田丸の船長に叱咤激励された教訓が活かされました。

竿先から目を離すな、常に目線は竿先、魚は命がけで餌を食べに来ているから、こちら側も真剣に対応しなければならないなど、今回の釣果につながりました。

この後、みんなで釣りにも参加して頂いた小田原の森羅の鈴木さんの所で美味しい昼食を頂きました。ちなみに鈴木さんの釣り上げたイナダは、すべてエラを外して血抜きをして氷詰めにしてありました。鈴木さんが言うには、自分たち料理人は命を頂く事、そして美味しく食べる事を必ず考えなければならないと。時合いが来て大騒ぎして、バタバタ釣っていた自分たちが恥ずかしくなりました。流石、釣りの師匠です。

今回も海真丸の江守さんご夫婦にも色々良くして頂きました。