2013年3月22日 金曜日

丹沢の春



 可憐な白い山葵の花は大好きな花のひとつ。沢から茎ごと採ってきてお皿に盛りつけ沢の春を表現します。

松下さんはこの茎と葉を刻んで軽く醤油で炒めてお浸しを作ります。

口の中に山葵の辛みがほんのりと広がり、沢の春を感じます。

松下さん家の裏には、おじいさんが掘った防空壕が有ります。

丹沢は水源の多い地区ですが、なぜかここだけは乾いた岩肌です。

中は真っ暗でひんやりとしているので、今度はワインカーブにでも

使わせてもらおうかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。