2015年2月15日 日曜日

丹沢観光大使?

 2月の上旬、秦野の里も冷え込み、こんなに立派な
霜柱ができます。そんな厳寒な良き日に、、、

 丹沢の山奥の沢で恒例の滝修行をします。

 今回は今までで一番大変で、雪解け水で
水量がとても多く、頭の上から大きな杭を打ち込まれているような
感覚になり、冷たいより痛いという感覚で、とてもきつかったです。

 今回は秦野のタウンニュースの取材のスタッフも同行され
取材を受けました。この方は丹沢に入るのにネクタイ、革靴でこられました。

 丹沢の観光を推進されている方や、松下さんも来られ
写真の関係でいつもより長い時間、回数も多くやらせて頂いた?
 そのかいあって、邪気もしっかりとれましたが、お約束の二日後には
風邪を引きました。修行が足りないのかな?


 

 これが掲載された新聞です。
一面に載せてもらって、その後結構秦野のおばあちゃん達に
「見たよ」と声を掛けられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。