2019年9月21日 土曜日

瀬戸内釣り紀行

L1080857

今回の釣りは尾道港からの出港です。

 

 

L1080858

いつも通り夜明け前に集合し、今回狙うのは、アコウとマダイです。

 

 

L1080866

一路竹原沖の方まで船を走らせます。

 

 

L1080867

ウサギの島で有名な大久野島を通り過ぎ、

 

L1080869

向かいの以前子供と無人島サバイバルキャンプをした小久野島も過ぎ、

 

 

L1080871

大三島沖での釣り開始です。

息子もアコウ、マダイと結構大物を釣り上げ楽しんでいました。

後ろで釣っているのは岡山の小野シェフです。

 

 

L1080878

今回の釣りは瀬戸内で今主流のひとつテンヤです。

アコウは根にいる魚で、エビを好むので重りの下にエビをつけ、底をとりながら当たりを探ります。

同じ岩場を何度も何度も流しながら底をとります。もちろん水深がどんどん変わっていくので、根掛が激しく、手こずる釣りでした。それでもやはりマダイの当たり、アコウの当たりは強烈でとても楽しい釣りでした。

 

 

L1080887

今回お世話になった船長は尾道の亀田丸で、とても若い船頭さんでした。

船頭さんの最後の大事な仕事は、みんなのクーラーボックスを集めて、魚を並べ替え、いかにも大量のように見せる写真を撮ることです。

 

L1080892

常連のお客様は言っていました。

「船長、今日の釣果で大量のように撮ったら、誇大広告でジャロに訴えられるよ」と。

ほかのお客様は「船長の携帯には、釣果が悪くても大量になるようなアプリがはいっとるんじゃろ?」と言っていました。船長は言いました「そがなアプリあるんじゃったら、わしが欲しいわ」と

 

L1080895

実際の釣果です。正直もう少し釣りたかったです。まだまだ修行が足りないです。