2015年10月17日 土曜日

秋の鮎釣り

 小田原の中華の森羅の店長の鈴木さんに鮎釣りに
連れて行ってもらいました。
 森羅に朝の4時集合。店内で鮎釣りの竿の出し方から
釣り上げ方等々レクチャーして頂きました。

 一番大変なのはエサ付けで、鈴木さんは老眼鏡が無いと
付けれないと言っていました。

 早川の河川敷で夜が明けるのを待つ鈴木さんと
 ラ ビュット フィッシングクラブ 会員のF君。

 鮎はエサ釣りです。5ミリの針に2ミリのエサを付けます。
エサはpeau de poulet(生の鶏皮)
最初はこんなエサで釣れるのかと半信半疑でしたが、
海洋性プランクトンを稚魚の時食べているので食いついてきます。

 様になっている鈴木さん、釣果も凄いです。

 23,4センチの鮎、結構引きます。

 本日3時間の釣果。
ほとんどが鈴木さん。F君は山女魚の26センチを上げました。

 鮎は米油でコンフィで仕上げてアミューズでお出ししました。
骨まで食べれてとても美味しかったです。
F君は鮎ご飯にしたらしく、天然鮎の良い香りがしたと言っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。