2014年10月25日 土曜日

竜胆

 根が竜の胆のように苦いという事からこの名がついた”リンドウ”
名前とは裏腹、青紫の可憐な花を咲かせます。
 『枕草子』にはほかの花は霜枯れているのに、華やかな色合いで
咲いていて趣が有ると書かれています。

 マニュールが先日お店に来た時に、自家製の竜胆のリキュールを
お土産に持って来てくれました。
 モンブランが見えるマニゴー村で竜胆の根を掘っていたことは
懐かしい思い出です。
 奥の瓶の竜胆の根は、20年前から漬け込んでいる自家製のリキュールです。
食後酒でお出ししてます。

 五味子の実は自然界に唯一存在する五味(甘、苦、酸、辛、塩)が有る
と言われています。長野からフレッシュの実が届き、これも
ホワイトリカーで漬け込みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。