2017年5月15日 月曜日

竹笋生

L1040550

2017年の丹沢の筍は豊作でした。

L1040518

竹藪を歩き、太った筍を見つけました。

L1040524

筍の周りをしっかりと慎重に掘り、

L1040522

一気にクワを立て、根元から掘り起こします。

L1040526

しかし、やっぱり失敗しました。

完全に根元からではなく、途中から折れてしまいました。

L1040480

ちなみに、これは一日で息子さんとお孫さんがとった筍です。

松下さんが言うには、「息子より、孫の方が筍掘りはすごく上手い。」

とおっしゃってました。筍掘りは性格が出る。

息子はちゃちゃちゃと掘るから、失敗すると、、、

その点、孫はじっくり慎重に掘る。これで私もやっと引退ができると

おっしゃってました。

 

L1040531

左2本がお孫さんが掘った筍、右1本が私が掘った筍。

息子さんに来年は弟子入りをしようと思います。

L1040487

掘りたての筍を、松下さんがすぐ茹でてくれました。

 

L1040482

さっきまで、土の中に埋まっていた筍は、灰汁は全くなく、甘くて

すごく美味しかったです。

裏の沢の自生の山葵をつけて頂きました。

最高の贅沢です。

L1040535

お店に持ち帰り、フィスラーで火を入れます。

圧力鍋なので、15分で柔らかく仕上がります。

朝掘りの筍は、ランチにはお客様にお出しできます。