2013年6月24日 月曜日

ニワトリ 復活

 以前松下さん家にはニワトリが沢山いて、
毎日たくさんの卵を産んでいました。

 松下さん家にお邪魔した時には、必ず産みたて卵を茹でて
おいしい茹で卵をいつも頂いていました。

 それが、半年前に取り小屋の小さな隙間から、野生動物(イタチ)
だと思われるものが侵入して、ニワトリは全滅しました。

 今回、鶏小屋を強化し、やっと新しいニワトリを入れることが
出来たそうです。

 以前のニワトリは、松下さんにすごく慣れていて、
すべてのニワトリが脱走した時も、松下さんが鳥小屋に入ると

20羽ちかくのニワトリが一列になって付いて行き、
鳥小屋にちゃんと戻りました。

 しかし、今はまだ逃げるような状態で卵も一日一個しか産まない
と言ってました。

 茹で卵は、もうすこし我慢です。

 ニワトリ小屋の横には、夏ミカンの花が咲いていました。

その花と同時に、実もなっています。

 夏ミカンも、甘夏も、最盛期で今日は、米袋3袋分頂きました。
デザートにたっぷり使います。

 PS

 先日庭の主が蹲踞の所に顔を出しました。
たまに道路に出て車に轢かれる事があるので
毎晩お客様をお見送りした後、見回り、
道路の近くに出たカエルを庭に戻しています。
 

2013年6月17日 月曜日

牧島さんの畑

 アーティーチョークは今年初めて牧島さんが作りました。
日本名では”朝鮮アザミ”あまりなじみのない野菜ですが、

南仏、イタリアでは良く食べられます。

 まるごと茹でて、一枚づつ剥がしながら食べます。

 にらの白い花はかわいらしいので、好きな花の一つです。
小さな花でも、しっかりにら香がします。
サラダに混ぜて使っています。

 カモミールは、野生のように一面花が咲きました。
とても甘い香りがするので今の時期はハーブティーンに
沢山入れます。

 カップの中には花を添えてお出しします。

 この黄色い花はフェンネルの花です。香りはペルノーというお酒に似ています。
癖になる香りで、魚料理によく合わせます。

甘い香りなので、虫もたくさん蜜を吸いに来ます。

2013年6月10日 月曜日

森の宝石

 野生のフランボワーズの最盛期です。森の中ある赤い実は
まるでルビーのように輝いています。

 大きくて熟した実は、とても甘くておいしいです。
今、デザートでホワイトチョコレートのミルフィーユに合わせて使っています

 本日の収獲
朝早く森の中を歩いて、30分くらいで収獲しました。
ちなみに、今日は山ヒルに足を3カ所、腕を2カ所かまれました。

2013年6月3日 月曜日

マニゴー村からのシロップ

シュローの若芽はシロップで煮て、蜜の味をつけます。

日本語では”ニワトコ”の花です。

 アルプスのマニゴー村でよく採取して、それをデザートなどに

よく使っていました。

< ニワトコの樹はすぐ大きくなり、高い位置にあるので、

高枝切ばさみで丁寧に取ります。

 若芽はカリフラワーのような花です。いまデザートで
アメリカンチェリーと合わせて使っています。