2013年12月15日 日曜日

冬萌え





稲刈りの後のもみ殻を燃やす事を薫香焼きと松下さんに教えて

もらいました。幼い頃、稲刈り後の田んぼで、泥だらけになりながら

日が暮れるまで野球をして、その田んぼの隅にあるもみ殻を燃やしたものの

周りで子供たちは中ではじけるポップコーンのような白いお米を

取り合って食べていた思い出が蘇りました。








この時期に丹沢の沢ではクレソンが芽を出します。

冬に芽を出すこと、また、その芽を冬萌えと言います。

枯れ色のなかに、わずかにのぞく緑には、感動すら覚えます。








今年はなぜだか、この時期にもフランボワーズを見つけました。

流石に小粒で甘みは有りませんでしたが、ジビエのソースに使いました。