2014年3月28日 金曜日

桜始開2014

 今年は3月26日午後に咲き始めました。
去年は3月の16日だったのでちょうど10日遅れた開花でした。
これから満開そして散りゆく桜、とても楽しみです。

 今年は桜のお神酒は少し贅沢にロゼ シャンパンです。
今年も桜と共に夢を見、桜に思い出を重ねます。

 

2014年3月22日 土曜日

秦野の春

 陽気に誘われるようにして、土の上に可愛い顔をのぞかせる土筆
昔から親しみをこめて”土筆坊”と呼ばれてきました。
摘み取って、袴を除きつくだ煮やあえ物にして食べるのも
この時期ならではの楽しみです。

 ちいさなお日様のような黄色い花と、
ふんわりとした綿毛がたんぽぽの魅力です。

 フランスでは葉っぱをサラダとしてよく食べ、
あるレストランのマダムは美容のためだと春は毎日
たんぽぽのサラダを食べていました。

 菜の花が咲くころに降る長雨が菜種梅雨、
青空に映える花なのにと思うと、長雨が実際以上に
長く感じます。

 からし菜も可愛らし花を付けます。

 丹沢の山の斜面にはヨモギの若葉、野生の浅葱が
芽吹いています。
 ヨモギの思い出は、幼いころ祖母と一緒に
若葉を摘み、ヨモギ餅を作った事を思い出します。

 フランス人と一緒に野生の浅葱は採りに来た時に
オムレツに入れるとすごく美味しいんだと
彼は言って、沢山採取していきました。

2014年3月17日 月曜日

春の低気圧

 天気予報である程度の高波は予想していましたが
どうしてもスズキを釣りたくて、朝早く二宮へ出かけました。

 高速も波をかぶるくらい厳しい状況のようです。

 想像以上の高波で、釣りどころではありません。
残念

 急きょ予定を変更して小田原市場の競りへ向かいました。
流石に市場も品物が少なく、閑散としていました。
しかし、アジだけは大量に捕れてました。

 なじみの仲買さんの顔も見れて、まぁ今日は
これで良しとしよう。

2014年3月8日 土曜日

滝修行2014

 日々の食材の命の供養の為、そして雑念を払うために
今年も滝修行を行いました。
 2月の大雪の後で丹沢の林道も雪が相当残っていて
ラビュット号も雪の中をどうにか進むことが出来ました。

 やはりその後の沢道は想像以上の雪で太ももまで
雪で埋まりながら、危険を感じながら、なんども引き返そうかと
思ったのですが、今ちょうど角幡唯介さんの
「空白の五マイル チベットツアンポー渓谷に挑む」
という小説を読んでいて、もちろん天と地の差以上の物が有ると思いますが
自分の中ではこんなところで死ねるか、とチベットの空白の五マイルを
進んでいる気持ちでした。

 いつもは色んな理由を付けて、誰も同行してくれなくて、
”風邪をひく、身体が弱い、髪の毛が抜ける” 等々・・・
一人で行っていましたが、今年は近所のラーメン屋さんの
店長が是非やりたいとの事で、今回は同行しました。

 当日の早朝、店長は今日は矢沢永吉のバスタオルを
持ってきたので、永ちゃん魂でやります!と相当気合が入ってました。
しかし、本人は滝壺に入り背中に水が当たっただけで、
3秒くらいで出てきました。
 

 滝に打たれると、雑念が湧く余裕すら無くなり、
自然と一体化する気持ちになります。

ps
 
 帰り道、店長はずっと雪に足が埋まっていて
足の感覚が無くなり、途中で靴を無くしましたが
それすら分からないで沢道を歩いていました。

 結局、帰りは雪道をずっと裸足で歩くことになりました。
最後にある意味、永ちゃん魂を見せてもらいました。
 

ps2

今夜のお客様に「滝修行のシェフですよね?」と
言われました、去年のブログを見て下さったみたいです。

ちょっと嬉しかったです。

 今年は今までで一番厳しかったですと言いました。

2014年3月1日 土曜日

オリジナルカードバインダー

 客様にクレジットカードのサインをして頂くための
オリジナルのカードバインダーを今回も、ターキーズの
瀧本圭二さんにお願いしました。

 形、大きさ、デザイン、素材などなど
何度も打ち合わせをし、素敵なものを作って頂きました。

 ブルーの革は、ヨーロッパの牛革でブッテーロと呼ばれる皮革です。
コーナーポケットはリザード(リングマークトカゲの表面に銀箔を施した
珍しい皮革です)

 オレンジの皮革素材は、アリゾナと呼ばれるヨーロッパ皮革です。
伝統的な職人の技術による植物フルタンニンなめしの牛革です。
コーナーポケットの素材は、ナイルクロコの革です。

 お客様にお持ちした時にオリジナルですねと気づいてくださると
すこし嬉しくなります。

 公魚は凍った湖に穴をあけて釣る、穴釣りが有名です。
今まで何度も北海道、長野などで釣ったことが有ります。

今年はこの公魚がルアーに見えるくらいスズキ釣りに頻繁に通っています。

 ”公魚”という漢字をあてるようになったのは、江戸時代
将軍に献上されるようになってからです。

 渓流の雪も溶け、川魚も元気に泳ぎだします。
雪代は、雪解け水のこと。このころ山女魚は雪代山女魚
と呼ばれます。ほかにも雪代岩名、雪代鱒、、、
キラキラひかる魚たちが、雪の化身のように見えます。

 そろそろ、渓流釣りをしたくてうずうずしてきます。

 2月の中旬に庭の河津桜が咲き始めました。