2014年11月29日 土曜日

六根清浄

 六根(眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根)からくる、
一切の迷いを断ち切って、心身を清らかにする。

 山岳仏教の霊場として栄えてきた、島根県三仏寺に行きました。

 三徳山開山1300年、その開山は慶雲3年(706年)にさかのぼります。
役行者が3枚のハスの花びらを散らし「仏教に縁のあるところに落ちるように」と
祈ったところ、その一枚が伯耆の三徳山に落ち、この地を修験道の行場として

開いたのが始まりとされています。

 天気も良く、紅葉もとてもきれいでした。

 毎年登山中に大きな事故が起きているので、入山にはまず
靴底のチェックを受け、一人では入山できないので、必ず
一人の人は一緒に登山する人を捜さなければなりません。
 山門をくぐり、ここから峯入り(行の始まり)です。
六根清浄六根清浄、、、と唱えながら登って行きます。

 木の根が浮き出したカズラ坂の難所。

 途中ムキ茸など、沢山でていて欲しくなりました、、、
が、まだまだ行が足りない。

 投入堂へはまさに道なき道。

 その中間を過ぎたあたりに、文殊堂があります。

 岩上に建立された舞台造りになっていて、廻り縁に立つと
大山が遠望できます。


 足場の悪い馬の背、もし足を滑らせたら、、、

 岸壁に立つ国宝 投入堂

 投入堂は役行者、法力で岩屋に投入れたといわれており、
後部を岩屋に据え前面は岸壁に向けての舞台造り。
近づく道すらない垂直な壁に、浮かぶとも建つとも表現しがたい
優美な姿をかもしています。

 国宝 投入堂をバックに、ショコラのデザートを仕上げました。

 ショコラとフランボワーズと森のイチゴのカルタッフェタ包み焼き
ホワイトショコラのアイス添え

 自然を慈しむ、繊細優美な感性の一方、自然に拠りながら雄大で
大胆な世界を切り開く想像力、これら相反する個性が同居し、拮抗する
懐の深さに、日本文化の個性と豊かさを感じる事が出来ました。

 

2014年11月22日 土曜日

ススキ

 箱根に住んで居たころは、十五夜の夜、仙石原のススキを見ながら
お月見をしました。丹沢の里山にももちろん沢山のススキが有り
それを今年は2000本くらいお花屋さんの植木さんと一緒に採りました。
こんな素敵な梟を作ってくれ、今、お店は梟の館です。

梟は商売、蓄財、学業の守り神とされ
また、「福籠(福がこもる)」「福来郎(福が来る)」
「不苦労(苦労知らず)」などにも通じるため、
吉鳥として愛されています。

 この時期は山葵の葉も少しずつ大きくなります。
松下さんの自生山葵の小さな若葉を使って函館のブリの料理を仕上げています。

 松下さんの所に集まる”里山を守る会”のメンバーが
ツリーハウスに続いて今度は裏庭にピザ釜を作りました。
松下さんは最初はどんなのが出来るのかわからなかったので
裏庭に作ってくれと言ったそうですが、こんな立派な窯が出来るのなら
表の庭の一番見えるところに作ってもらえれば良かったと
後悔していました。
今度、スタッフと一緒に来て、ここでピザパーティを
開こうと思っています、楽しみがまた一つ増えました。

 何をすると人生楽しいのか、そう考える事を
イタリアで学びました。 

2014年11月15日 土曜日

富士山

 富士山はやはり雪が似合います。
これから畑は冬野菜、山は実物、キノコ等
とても楽しみな季節です。

 畑に入ると雉のつがいが近くにいました。
オスはとても綺麗です。

 丹沢の山ではアケビが沢山採れます。
美味しそうなふっくらとしたアケビは、高枝バサミでも
届かない場所によくあります。

 松下さん曰く、アワビでも息が苦しくなってきた時、
その先の岩に立派なアワビを見つける事がよくある。
人生と一緒で、本当の苦しさの先に大きな収穫、得るものが有るのだと・・・

 納得。

2014年11月8日 土曜日

大雪山系から

 今年も旭川の猟師さんから、大雪山で仕留めた
熊の親子が届きました。
 冬眠前の栄養を蓄えた脂ののった熊です。
命を頂くので、お神酒と塩で供養します。

 仔熊の方は、足も届いたので、
ばら肉と一緒に煮込みました。

 熊の手足の煮込みは、右手の方が美味しいとか
左手が、とか良く言われますが、あまり変わらないと思います。
ゼラチン質でとても美味しいです。

2014年11月1日 土曜日

鳥になる?

 秋の紅葉が少しずつ深まる頃
茨城の竜神大吊り橋へ行きました。

 目的は、一度やってみたかったバンジーに
挑戦するためです。

高さ100m日本一のバンジーです。

 眼下に湖面が見え、足がすくみます。

 時間がたてば慣れると思いきや、ますます
怖くなっていきます。

 でもインストラクターの方に一番かっこいい飛び方を聞き
イメージは出来上がりました。

 電気椅子に座っている気分です。

 笑っているのは、金具の最後の最後の留は朽ちた輪ゴムを
くるっと巻いたので、大丈夫?と笑って聞いているところです。
 

 すべてをこのお兄ちゃん達に委ねます。

 想像以上、5倍くらい怖いです。

 一応、紅葉は綺麗だと思いましたが、それどころではありません。

 バンジー!

 ここは流石に目をつぶりました。

 時間にして1~2秒、音が消え、身体の血の気が引き
空中に浮いている感(実際に浮いている)が、すごく快感です。
これは飛んだ人しか分かりません。

 上から蜘蛛の糸が下りてきます。

 あ~生きてる、助かった。
 

 お知らせ。

 今年のクリスマス特別メニューは、12月の20日(土)から
12月25日(木)の予定です。

 お昼 ¥10,800-

 ディナー¥16,800-

 年末は28日(日)まで営業します。
年始は1月6日(火)より営業いたします。

心よりご予約お待ちしております。

 チャレンジ精神と、勇気をもって
恐怖に立ち向かい、バンジーに挑戦した達成感は
飛んだ人しか分かりません。

 次回、参加者を募る。

二回目は割引が有ります。