2015年7月26日 日曜日

蛍乱舞2015

 今年の蛍狩りは広島の実家に近い戸野というところへ行きました。

 7月中旬、台風通過2日前。周りからはこの時期は遅すぎると
さんざん言われました。が、

 絶対に飛んでいると確信が有りました。
夜9時くらい、山の沢の淵、軽トラックを止め
エンジンを切り、ハザードを点滅させると
沢から田んぼから山の奥から、蛍が出てきて
20匹くらいの蛍が車の周りをまさに乱舞です。
フロントガラスにも3匹の蛍がとまりました。
この状況をもう絶対に出ないと言っていた人(妹)に
見せてやりたい。

 しめやかな漆喰の闇をゆったりと飛ぶ蛍を眺めているとこの飛び方も、
この空気感も、1000年以上昔となんら変わっていないのだと時空を超えて
優雅な気持ちになってくる。
 蛍の命は成虫になってから7日から2週間ぐらいで、その間露しか飲まない。
露しか飲まない蛍が、短い命を懸けて相手を探し、子孫を残すために光を放つ。
蛍の光はまさに、命がけの愛の言葉だ。
 先日新聞のエッセイに書かれていたが、メスに近づいたオスが強く3回から
5回光を送り、2分間ほどプロポーズを行う。
その間メスは、OKの場合1回だけひかり、いやなら光を出さずに
歩いてどこかへ行ってしまう。
プロポーズのカギを握っているのはメスなのだ。

2015年7月18日 土曜日

タマゴから産まれる赤いキノコ

 今年も丹沢の森にはタマゴタケが出る季節になりました。
ヨーロッパでも美味しいキノコとして知られ、皇帝のキノコと呼ばれています。

 ヤマヒルと戦いながらのキノコ採り、シンプルにソテーするだけでも
とても味のあるキノコです。

 フェンネルは人間が最も古くから栽培してきた植物のひとつです。
夏のこの時期は、小さな芳香性の黄色い花を咲かせます。
この植物は、花から種子から根まですべて食べれます。
この黄色い花も甘いペルノーの味がして、これを食べると
夏が来たと感じます。サラダや魚の付け合せに使っています。

2015年7月11日 土曜日

七夕祭り

 7月7日は七夕祭り。
竹の竿の先に着けて、織女星に手向ける五色の糸を「願の糸」と言うそうです。
店の玄関にも、今年も秦野から竹をとってきて、七夕を飾りました。
スタッフや、お客様に短冊を吊るしてもらいました。

 富士宮にあるビオスと言うレストランに食事に行きました。
以前もこの時期に行ったのですが、今年は4月生まれの
双子のヤギを見ながらの食事でした。
4月6日生まれの双子のヤギは、”さくら”と”うめ子”だそうです。
畑の野菜を見ながらその畑を舞う蝶々、そして周りの草を食べてるヤギを
見ながらの食事、ゆったりとした時間が流れます。

2015年7月4日 土曜日

ヴァレ ドゥ フランボワーズ

 秦野の田んぼに映る逆さ富士。

 クレソンの沼は花も終わり今楽しめるのは昆虫たちの生命の誕生です。
オニヤンマは美しく、好きなトンボです。
小学生のころ、オニヤンマを捕まえるとヒーローでした。

 丹沢の森の奥の谷で、フランボワーズの群生地を見つけました。
まさしくフランボワーズの谷です。

 今年はフランボワーズが沢山採れたので、デザート以外にも
お肉のソースにもたっぷりといれて使いました。
森の香りのするソースに仕上がりました。