2016年1月30日 土曜日

早春の畑

L1020336

 

畑一面の菜花。

お皿に少し飾るだけで、春が来た感じがします。

 

 

L1020337

 

この頃の春キャベツは、柔らかく甘みが有り、賄でも良く食べます。

 

 

L1020206

 

スイバも早朝の霜にやられながらも春を待っています。

甘みのある酸味なので、魚料理に良く使います。

 

L1020207

 

自生シブレットは強い香りが有り、フランスでは良く

オムレツにに入れていました。

 

 

L1020204

 

今の時期のカラスのエンドウの新芽は柔らかいのでサラダに使います。

早朝の畑は、霜で一面覆われていますが、春を待つ新芽、若芽の野草は

やわらかく甘みが有るので、朝早くから畑に入ります。

採取しているときは、お皿の料理イメージ、そしてお客様の

顔が頭に浮かんできます。