2016年2月27日 土曜日

霧ヶ峰 写真ツアー

L1020447

 

2月の中旬、小田原の鈴木さんと長野の霧ヶ峰の八島湿原に

朝日のあたる霧の写真を撮りに行きました。

 

 

L1020451

 

午前2時に出発、山間からの日の出をマイナス7℃の中じっくりと待ちます。

手が悴んでシャッターを押すのも大変な状況です。

 

L1020444

 

残念な事にこの日は天気が悪く、湿原には朝日が射して来ませんでした。

一枚の写真を撮るのに、何日も通って、ずっと待って、

本当に一瞬のチャンスを見つけてシャッター切る。

一枚の写真を見て、写真には写らないところまで感じ取らなければいけないんだと

鈴木さんに教えてもらいました。

2016年2月20日 土曜日

滝行2016 その2

L1020405

 

今年の滝行は金子くんも参加しました。

初めての滝行で水の冷たさは想像を絶するものが

あったらしく、なかなか奥に入っていけません。

 

L1020403

 

意を決してやりましたが、背中に少し水しぶきが当たる程度です。

本人は奥まで入ったと言っていました。

ちょっとパンツがズレ落ちそうです。

L1020406

 

「もう駄目です!」と叫びながら、、

 

 

L1020407

 

もはや泣いています。

でも、いい体験をしたと言っていました。

身体も凄く軽くなったとも言っていました。

 

 

L1020413

 

滝行の後は恒例の沢の水でコーヒータイム。

金子君は言いました、

「このコーヒー一万円でも買います。」

2016年2月15日 月曜日

滝行2016 その1

L1020414

 

今年の滝行は1月の中旬過ぎに行いました。

 

L1020358

 

丹沢にも前日に大雪が降り、林道は倒木などでとても荒れていました。

 

L1020376

 

登山道の斜面も一歩間違えば谷底に、、、

慎重に一歩一歩登って行きました。

 

L1020380

 

丹沢 髭僧の滝

 

L1020382

 

気温1℃滝の周りは凍っていました。

 

L1020415

 

まずは山の神様、水の神様にお祈りをして

 

 

L1020418

ゆっくりと呼吸を整えながら、無になります。

 

L1020416

 

今年は滝壺に座禅を組んで二つのお願い事をしました。

一つは、神戸で癌の病にかかった私の友人の回復を祈り、

もう一つは、佐賀で車椅子で頑張っている友人の卒業、そして

就職が上手くいくようにとお祈りをしました。

 

L1020419

身体も軽くなり、滝行を終えた邪念の無いすっきりとした顔。

でもお花屋さんの植木さんは、毎年「シェフの邪念は滝行だけではとれない」

と言います。

ごもっとも

 

 

 

2016年2月6日 土曜日

早春の沢

L1020317

 

沢一面の野ゼリ。

 

L1020320

 

種付け花の新芽はピリッと辛く、肉料理などに使います。

 

 

 

L1020325

 

沢の自生のノブキはあく抜きは必要ありません。さわやかな蕗の香りを

楽しめます。

 

 

L1020323

 

クレソンの新芽が出て来始めると、春が近いなと思います。