2016年8月20日 土曜日

鯛ラバ vol,2

L1030197

長くなりそうな一日の始まりです。

でも運よく、海はベタ凪。船酔いは無いと思います。

 

L1030199

大久野島沖でまずは型の良いアコウを一本上げました。

こういう魚を見ると、「こんな風に料理したら美味しいだろうな」

と考えが出てきます。

 

L1030218

sky marine号はいろんな場所に連れて行ってくれます。

次は大崎下島、そして御手洗沖で鯛狙いです。

 

L1030216

一本目から型の良い真鯛を上げる事が出来ました。

鯛の引きは独特で、本当に魚とのやりとりは興奮します。

 

L1030210

これが鯛ラバの重りと疑似餌です。

最初見た時は、こんなので釣れるのかと思っていましたが

釣果は抜群です。

 

L1030208

次に向かったのは愛媛県の来島海峡近くの肥島、大下瀬戸の

海峡付近でブリ、ハマチ狙いです。

船でナブラが立つ近くまで行きエンジンを止め

ナブラ目掛けてジグを投げ込みます。

初めてナブラを見たときは驚きました。

急に海面が競り上がってくるような感じになり、

そしてアジ、サバ、サヨリなどの小魚が海面一面

ブリやハマチに追われて飛び跳ねています。

今回は何度もジグを投げ込みましたが結局ブリを

仕留める事は出来ませんでした。

次回は必ず・・・

 

 

L1030230

12時間の釣りを終え、竹原漁港に帰港すると

生簀に泳いでいた魚を一本一本丁寧に船長さんが

神経締めしてくれます。

L1030223

その様子を真剣に見守る親戚のお兄さん。

以前ある漁師さんが言っていました。

「魚は命がけでエサを食べに来る、魚にとって正に生きるか

死ぬかの覚悟で来るのだから、釣り師も魚や自然に対して、

謙虚で真摯に向き合わなければ、魚に対しての冒涜になる」

親戚のお兄さんの釣りに対しての姿勢でこの言葉を思い出します。

法事などで顔を合わす時のお兄さんとは顔つきが違います。

この人は行き着くところは漁師になるんじゃないかと・・・

 

L1030233

今回の釣果。

大満足です。もちろんすべてありがたく美味しく頂きました。