2019年5月18日 土曜日

竹笋生

 

L1080375

 

筍の季節も終盤に近づいてきました。

 

L1080378

 

今年も松下さんの裏山で筍を掘らせて頂きました。

 

L1080382

結構竹林は急斜面ですが、掘りやすい場所を見つけてもらいました。

 

 

L1080384

筍の根の伸びている方を見極め、慎重に掘ります。

 

 

L1080388

今年は形の良い太めのものを失敗することなく、掘ることが出来ました。

松下さんのお孫さんはおじいちゃんにしっかり指導してもらっていたらしく、仕事に行く前に軽く10本以上は掘るそうです。

 

 

L1080337

松下さんは伸びきった筍も捨てることなく、もったいないからと言ってうまく調理します。

 

 

L1080343

 

こんにゃく作りはもちろんですが、山葵や筍をつかった料理は美味しく、どれを頂いても里山の季節を感じる味わいです。

 

L1080409

PS 1

朝庭で準備体操をしている時、上を見上げると桜が咲いていました。

 

 

L1080456

 

PS 2

今年も主たちが出て来ました。

しっかり車に轢かれないように秋までパトロールします。

 

2019年5月11日 土曜日

横浜車検場にて

L1080309

まずは品川の時と同じように、車検場の近くの民間整備工場にて。

ライトのチェックをしました。

 

L1080311

左ハンドルで車も古いので、ライトの向きを修正するのには結構手こずります。

メカニックの人も針金で引っ張ったり、いろいろと手を尽くしてくれ、修正してくれました。

 

 

L1080312

いざ本番です。

車を通すレーンが6レーンくらいあり、初心者や慣れていない人は一番右端のレーンに並びハザードをつけてまっていると、係りの人が初心者だと思って親切に手順を教えてくれます。

 

 

L1080316

だが、このレーンを通すのにライトのハイビームやブレーキ、サイドブレーキそして、一番緊張する項目が、ローラーの上で40キロまで速度を上げて40キロに到達したらパッシングをしてくださいと言う点検です。

 

L1080321

中間では排気ガスの点検で自分でその排気ガスを計る棒をマフラーに入れて点検します。

 

 

L1080325

最終的な項目はレーンの中央に穴が開いていて、下で係員がブーツ関係、足回り等を点検します。どうにか全ての項目に合格をもらい、これから2年間は安心です。

でもやはり、車検場のレーンを通すのにはとても緊張します。

 

 

2019年5月4日 土曜日

amiユーザー車検へ

L1080305

amiの車検が2月前に切れていました、知らないと言う事は怖い事で、、、

車を動かせないので区役所に行って仮ナンバーの手続きをしました。

手続きは簡単ではありましたが、やはり申請する人はすべてプロ車屋さん達でした。

 

L1080287

車検を通すために、まず排気漏れの修理。

 

 

L1080290

メカニックの上甲くんに来てもらい、ブーツ関係も点検してもらい、今回は仮ナンバーで横浜の車検場にもっていきます。

 

 

L1080291

 

L1080308

品川の車検場より横浜の方は少し混雑していました。

1時間以上は並んで待ちました。