2019年10月19日 土曜日

秋の畑

L1090118

秋風も涼しく感じられるようになり、畑もやっと秋らしくなってきました。

 

 

L1090042

 

 

 

 

 

L1090037

畑の奥には大きく成長したトロンボーンズッキーニが横たわっています。

 

 

L1090115

牧島さんも最近はお昼くらいまでは

畑に出るようになりました。

 

 

L1090055

周りの畑も秋一色です。

 

 

L1090039

最近は畑で農作業していると近所のおじいちゃんおばあちゃんが葱とかサツマイモとかをプレゼントしてくれます。

この辺は結構通っているので軽トラでそのおじいちゃんおばあちゃんが誰かわかるようになりました。

 

L1090048

畑の中にはそれでも夏野菜のナスタチュームは元気に育っています。

 

L1090052

なぜだかまたオスの雉が2羽にらめっこしています。

 

 

L1090119

牧島さんは細かい野菜の芽やハーブの芽を大事に摘み取ってくれます。

これはツルムラサキの穂先の部分だけを収穫しています。

 

 

 

 

2019年10月15日 火曜日

台風19号

L1090121

台風15号の教訓で、瓦が飛んでも被害を受けないようアミの移動。

 

 

L1090102

25年間で初めて店内すべての雨戸を閉めました。

25年も使っていなかったのですが、雨戸が全てちゃんと閉まりました。昔の日本家屋の造りには驚かされました。

 

L1090104

午後九時庭の桜の植木すべてひゅーひゅーと悲鳴をあげてしなって強風に耐えてます。

L1090110

幹自体は大丈夫でしたが、結構大きな枝が折れてしまいました。

でも、お陰様で最小限の被害でしのぐ事が出来ました。

結局庭の樹木が防風林のような役割をして、母屋は全く被害は有りませんでした。

次の日から平常通り営業、お客様からも問い合わせのお電話を頂きましたが、槍が降っても営業しますと答えました。

 

 

2019年10月5日 土曜日

アネロン効かず

L1090003

穏やかな相模湾でしたが、、、

 

L1090010

伊東のエルマイヨンの稲元夫婦の奥さんのサトちゃんは釣り開始5分でメジマグロの幼魚を釣り上げて、その後5分でグロッキーです。しっかり酔い止め薬アネロンを飲んでいたにもかかわらず、、

 

L1090022

旦那の方は全く気にせず淡々と釣り上げています。

 

 

L1090019

約一時間で一人これぐらいは釣り上げました。

 

L1080997

横浜のヴェルベンヌの阿部君も酔い止めが効かずすぐにリタイヤしましたが、

本人は酔ったのかと思ったそうですが、実は熱中症でした。

症状は、首から肩にかけて尋常じゃない汗が吹き出し、視界の半分はブライドを下したように見えなくなったようで、餌もつけれない状態になってしまいましたが、

水分補給、涼しい所での休息により復活しました。

L1090016

 

ニュージーランドのオークランドで長期間働いていた堀内君も釣りは初心者でしたが、まずまずの釣果でした。 

L1080986

お花屋さんの植木さんは、奥さんには小さい魚はいらないからと、しつこく言われたようで、常に大物狙いでした。

 

 

L1090023

本日の釣果、満足のいくものでした。

前回の尾道の金田丸の船長に叱咤激励された教訓が活かされました。

竿先から目を離すな、常に目線は竿先、魚は命がけで餌を食べに来ているから、こちら側も真剣に対応しなければならないなど、今回の釣果につながりました。

この後、みんなで釣りにも参加して頂いた小田原の森羅の鈴木さんの所で美味しい昼食を頂きました。ちなみに鈴木さんの釣り上げたイナダは、すべてエラを外して血抜きをして氷詰めにしてありました。鈴木さんが言うには、自分たち料理人は命を頂く事、そして美味しく食べる事を必ず考えなければならないと。時合いが来て大騒ぎして、バタバタ釣っていた自分たちが恥ずかしくなりました。流石、釣りの師匠です。

今回も海真丸の江守さんご夫婦にも色々良くして頂きました。