2020年5月30日 土曜日

新緑とami

L1100060

真正面から見るといつも顔に見えてしまいます。

 

 

 L1100107

最近は機嫌も良く、ぐずる事も無く、とても良く走ってくれます。

 

L1100110

フランスのナンバープレート74番は住んでいたアルプス地方のナンバーです。

ちなみにこのプレートは、アヌシーの物です。

 

 

L1100040

気候が良くて天気の良い日は、テラスでデザートを召し上がって頂いています。

 

L1100047

ランチの後はそのままテラス賄、とても気持ちが良いです。

 

 

2020年5月23日 土曜日

お花畑け

L1100076

牧島さんの畑は百花爛漫状態です。

 

 

 

L1100083

ディルの花、優しい爽やかな香り。

 

L1100104

ハーブティーに入れるカモミール、近くに寄るだけで、とても良い香りがします。

 

 

L1100055

ルッコラの花、菜花、オータムポエムの花、大根の花、

 

 

L1100093

大根の花の茎の方に実がついています。辛味大根の味がします。

 

L1100069

サラダマーシュの花、

L1100085

サラダの葉の上には、、、

無農薬の畑なので、、、

L1100101

フェンネルの花、ペルノーの香りのする大好きは花です。

 

L1100065

のどかなこの時期の畑には、

L1090995

雉がよく近くまで餌をついばみに来ます。

綺麗な鳥だと思うか?

美味しそうと思うか?

2020年5月16日 土曜日

立夏

L1100137

雨上がりのこの季節は

 

 

 L1100131

沢の水も温みはじめ

 

L1100129

沢のクレソンも花をつけ

L1100118

山葵、野蕗も一気にみずみずしくなります。

L1100114

山ではシュロー(ニワトコの花)が咲き始めました。

今年もシュローのシロップを作るのが楽しみです。

 

 

 

 

2020年5月9日 土曜日

竹笋生

L1100003

今年も松下家の竹林で筍掘です。

 

L1100031

毎年初心者扱いのため、竹藪の中に怪しげなタオルの目印。

ここに大きいのが有るよ!の印。息子さんありがとうございます。

L1090999

そして、雨の中松下さんも心配そうで見守って下さいました。

 

 

L1100020

まず周りの土を綺麗に掘り除き、

 

L1100022

根の方向を良く見極め、

 

L1100022

慎重にそして一気にクワを入れ

 

L1100024

あぁ~また今年も少し傷つけてしまった。

 

L1100029

まだまだだなぁ、、

雨で足元がぬかるみ、服もズボンもドロドロになりながらのやっとの一本。

 

L1100034

丹沢の湧き水で良く洗って、まぁ良しとしようと思ったら、松下さんからの傷口に塩をぬるような一言

「あ~もったいない、、」

ちなみに息子さんは今年は300本以上掘っているそうです。

 

L1100037

次の日には広島の実家からの筍の宅急便。

妹の方がうまいかも?

 

2020年5月2日 土曜日

食材

L1090963

北海道のハンター、ミュージシャン、シェフの宮下さんからヒグマの右足が送られて来ました。キングコングを思い出します。

 

L1090942

これは豚の膀胱にアンコウと春のキノコ、アミガサ茸を入れたヴェッシー

お客様の前で開きます。

 

L1090990

藤、山吹と共に春の終わりを華やかに飾る花、ツツジ。