2019年10月15日 火曜日

台風19号

L1090121

台風15号の教訓で、瓦が飛んでも被害を受けないようアミの移動。

 

 

L1090102

25年間で初めて店内すべての雨戸を閉めました。

25年も使っていなかったのですが、雨戸が全てちゃんと閉まりました。昔の日本家屋の造りには驚かされました。

 

L1090104

午後九時庭の桜の植木すべてひゅーひゅーと悲鳴をあげてしなって強風に耐えてます。

L1090110

幹自体は大丈夫でしたが、結構大きな枝が折れてしまいました。

でも、お陰様で最小限の被害でしのぐ事が出来ました。

結局庭の樹木が防風林のような役割をして、母屋は全く被害は有りませんでした。

次の日から平常通り営業、お客様からも問い合わせのお電話を頂きましたが、槍が降っても営業しますと答えました。

 

 

2019年10月5日 土曜日

アネロン効かず

L1090003

穏やかな相模湾でしたが、、、

 

L1090010

伊東のエルマイヨンの稲元夫婦の奥さんのサトちゃんは釣り開始5分でメジマグロの幼魚を釣り上げて、その後5分でグロッキーです。しっかり酔い止め薬アネロンを飲んでいたにもかかわらず、、

 

L1090022

旦那の方は全く気にせず淡々と釣り上げています。

 

 

L1090019

約一時間で一人これぐらいは釣り上げました。

 

L1080997

横浜のヴェルベンヌの阿部君も酔い止めが効かずすぐにリタイヤしましたが、

本人は酔ったのかと思ったそうですが、実は熱中症でした。

症状は、首から肩にかけて尋常じゃない汗が吹き出し、視界の半分はブライドを下したように見えなくなったようで、餌もつけれない状態になってしまいましたが、

水分補給、涼しい所での休息により復活しました。

L1090016

 

ニュージーランドのオークランドで長期間働いていた堀内君も釣りは初心者でしたが、まずまずの釣果でした。 

L1080986

お花屋さんの植木さんは、奥さんには小さい魚はいらないからと、しつこく言われたようで、常に大物狙いでした。

 

 

L1090023

本日の釣果、満足のいくものでした。

前回の尾道の金田丸の船長に叱咤激励された教訓が活かされました。

竿先から目を離すな、常に目線は竿先、魚は命がけで餌を食べに来ているから、こちら側も真剣に対応しなければならないなど、今回の釣果につながりました。

この後、みんなで釣りにも参加して頂いた小田原の森羅の鈴木さんの所で美味しい昼食を頂きました。ちなみに鈴木さんの釣り上げたイナダは、すべてエラを外して血抜きをして氷詰めにしてありました。鈴木さんが言うには、自分たち料理人は命を頂く事、そして美味しく食べる事を必ず考えなければならないと。時合いが来て大騒ぎして、バタバタ釣っていた自分たちが恥ずかしくなりました。流石、釣りの師匠です。

今回も海真丸の江守さんご夫婦にも色々良くして頂きました。

 

 

 

2019年9月30日 月曜日

25周年イベント

L1080980

今回の25周年のイベントとして、スタッフと友人たちと早川の江守さんの海真丸にお願いして、釣り大会を催しました。

 

L1080988

小田原沖で狙うはイナダ、ワカシ、イサキなどの五目釣りです。

 

 

L1080983

今回もコマセ釣りでオキアミを籠に入れ、エビを針先につけて水深20m~30mの所を狙います。

 

L1090001

秋の心地よい気候にも恵まれました。

 

 

L1080993

そして穏やかな海でした。

 

 

L1090012
まずは釣り倶楽部F君がイナダを釣り上げました。

 

 

qwqw

イナダがメインですが、イサキなど魚種も色々釣れました。

果たして、釣果は?

参加してくれた友人たちの他に、どうしてもスケジュールが合わず参加出来なかった

秋田のマタギの河田さん、目黒のレ ドゥーの山口君、軽井沢のエブリコの内堀君、神田のブラインドドンキーの原川君、岡山の小野君たちの魂も一緒に船に乗り釣りをしていました、スペシャルサンクス!

 

 

 

 

2019年9月21日 土曜日

瀬戸内釣り紀行

L1080857

今回の釣りは尾道港からの出港です。

 

 

L1080858

いつも通り夜明け前に集合し、今回狙うのは、アコウとマダイです。

 

 

L1080866

一路竹原沖の方まで船を走らせます。

 

 

L1080867

ウサギの島で有名な大久野島を通り過ぎ、

 

L1080869

向かいの以前子供と無人島サバイバルキャンプをした小久野島も過ぎ、

 

 

L1080871

大三島沖での釣り開始です。

息子もアコウ、マダイと結構大物を釣り上げ楽しんでいました。

後ろで釣っているのは岡山の小野シェフです。

 

 

L1080878

今回の釣りは瀬戸内で今主流のひとつテンヤです。

アコウは根にいる魚で、エビを好むので重りの下にエビをつけ、底をとりながら当たりを探ります。

同じ岩場を何度も何度も流しながら底をとります。もちろん水深がどんどん変わっていくので、根掛が激しく、手こずる釣りでした。それでもやはりマダイの当たり、アコウの当たりは強烈でとても楽しい釣りでした。

 

 

L1080887

今回お世話になった船長は尾道の亀田丸で、とても若い船頭さんでした。

船頭さんの最後の大事な仕事は、みんなのクーラーボックスを集めて、魚を並べ替え、いかにも大量のように見せる写真を撮ることです。

 

L1080892

常連のお客様は言っていました。

「船長、今日の釣果で大量のように撮ったら、誇大広告でジャロに訴えられるよ」と。

ほかのお客様は「船長の携帯には、釣果が悪くても大量になるようなアプリがはいっとるんじゃろ?」と言っていました。船長は言いました「そがなアプリあるんじゃったら、わしが欲しいわ」と

 

L1080895

実際の釣果です。正直もう少し釣りたかったです。まだまだ修行が足りないです。

 

 

 

2019年9月18日 水曜日

25周年

L1080976本日お陰様で25周年を迎える事ができました。

お客様、生産者、スタッフの仲間などにいつもいつも支えられ、続けられた25周年でした。本当にお世話になり、そしてありがとうございました。

 

L1080978

25年前も今日のような秋晴れの日でした。

キッチンスタッフ一人との二人だけで始めたレストランで、とても不安もありましたが、

この素晴らしい環境で料理を作り、お皿の上に自分を表現できる事の喜びの方が大きかったことを、昨日の事のように覚えています。

 

 

L1080943

今日はお休みだったのですが、いろんな人からのお祝いのメッセージを頂きまして、ありがとうございます。そして、お客様の中原さまがケーキをお持ちいただき、お祝いに来てくださいました。いつも本当にありがとうございます。

 

 

L1080951

軽井沢のエブリコの内堀シェフからはお花を贈って頂きました。本当に感謝しております。

 

 

L1080957

オープンの時、あまり告知もせず、ひっそりとオープンしたので、最初は知人くらいしかいらして頂けませんでした。

オープンして2,3週間くらいのとき料理ジャーナリストの見田盛夫先生がご来店されました。

L1080964

そして、緊張して料理を作っていると、調理場に入ってこられて、「玄関に誰かいらしているよ」と呼びに来て下さいました。あわてて玄関に行ってみると、そこには荷物を持った宅急便のお兄さんでした。二人でやっていたので全く気がつかず、先生に呼びに来ていただいたのです。食事中にご迷惑をかけたとすごく反省したのですが、11月上旬の新聞のコラムに、お店の事を乗せて頂きました。

それがきっかけで、いろんな人に知って頂きました、感謝です。

 

L1080974

 

それからすぐ、料理王国等の取材も受け、少しづつスタッフも増えてゆきました。

 

 

L1080972

今思い返しても、オープン当初には本当にいろんな人に支えられていました。

改めてお礼申し上げます。

PS

IMG-20190917-WA0000

最近よくお客様に、アミ直って良かったですねと声をかけられていましたが、先日の台風の影響で屋根瓦が飛び、ボンネット、ルーフ、サイドに直撃致しました。

 

 

IMG-20190917-WA0001

見ているだけで痛々しく、自分の体も傷ついた気持ちになってきます。でも、運よくフロントガラスは助かりました。

25年間で初めて屋根瓦が飛ぶような被害にあいました。

 

2019年9月7日 土曜日

秋桜

L1080832

メキシコ原産の花ですが、すっかり日本の風景に溶け込んで、秋を代表する花になりました。

 

L1080804

少しは涼しくなり、秋の気配が感じられるようになりましたが、日中の畑仕事は30分で限界です。

 

L1080797

稲も穂が垂れてきました。

 

L1080801

 

L1080808

ツルムラサキにはコウロギ?

 

L1080842

シオカラトンボ

 

L1080835

今年のプルピエは真夏でも状態がすごくよかったです。

例年ですと白斑点がついたり、ぐったり枯れたようになるのですが、今年はいつまでも生き生きとしていました。和名ではスベリヒユ雑草の部類です。フランスでは夏によく食べられるサラダで、夏バテ防止に良いと言われています。

 

L1080837

アカウラジソの畑には雑草のカタバミ草が群生しています。

これも日本では四葉のクローバーで雑草扱いですが、フランスではハーブとして良く使っていました。牧島さんの畑には、こういった野草が沢山自然に生えています。

だから毎週色々なものを探すのがとても楽しいです。

 

2019年8月31日 土曜日

ホームグラウンド

L1080814

海釣りはやはり以前住んでいた小田原近辺の相模湾によく行きます。

この場所は夜釣りでも良く来る防波堤の近くに有ります。

この建物はつい最近のNHKの「透明なゆりかご」の舞台になった産婦人科です。

 

 

 

 L1080815

ここから浜はすぐそばです。

足場の良い釣り場ですが、あまり釣果は期待できません。

 

L1080825

また、小田原の鈴木さんから子猫の里親の連絡が入りました。

 

 

L1080830

ロシアンブルーの2か月の男の子です。とりあえずは保護し、里親を探しました。

幸運にも新しい家族が見つかりました。とても可愛がってくれそうな家族なので一安心です。

ちなみにうちにいた時の名前は「プーチン」という名前で呼んでいました。

とても人懐こい猫で譲渡するときは少し寂しい思いが残りました。

可愛がってもらって幸せになることを祈ります。

2019年8月24日 土曜日

九品仏浄真寺

L1080779

雨上がりの浄真寺

 

L1080784

気温はまだまだ暑いですが、少しづつ秋の気配も感じられます。

 

 

L1080785

浄真寺はお墓参りによく来る場所でいつ来ても心落ち着く場所です。

 

 

L1080781

秋の気配、銀杏が落ちていました。

 

 

 

2019年8月18日 日曜日

アミちゃん復活

L1080730

先日アミのトラブルの件を報告した後、いろいろなお客様から「アミちゃん大丈夫?」「車なおりましたか?」といろいろ声をかけて頂きました。

あの日から毎日アミと会話をしながら祈るような気持ちでセルを回し続けました。

1日目、2日目、、、5日目にやっと4気筒のエンジンに火が入り、復活しました。

思わずありがとうと伝えました。

 

L1080767

牧島さんの畑では、夏野菜のツルムラサキ、赤ウラジソが最盛期を迎えています。

L1080775

松下さんの山葵棚、丹沢からの湧き水はひんやりとして、夏の暑い日ですが涼を感じます。

 

 

 

L1080763

お店の朝顔と金魚

 

L1080787

今年はセミが異常に多い年です。

 

L1080791

裏の柿木にセミの幼虫が羽化していました。

じっと魅とれるくらい、神秘的で美しいと思いました。

 

 

 

2019年8月10日 土曜日

アミの熱中症

L1080743

つい調子にのって、2週連続この暑い中丹沢にアミといっしょに来てしまいました。

体中汗びっしょりです。アミも相当暑がっていると思い、親心でエンジンに丹沢の沢水を少しかけてあげました。シュワ~っと蒸気が上がり、アミも涼しくなったんだろうなと思っていました。

 

 

L1080744

しかし、それから全くエンジンがかからなくなり、とうとう積載車のお世話になりました。

 

L1080749

おしがけとかいろいろ試しましたが全く復活してくれませんでした。

 

 

 

L1080751

遠くから心配そうに見守ってくれている松下さん。

 

 

L1080752

結局そのまま奥沢までUターンです。

積載車の上には大きクレーンのアームがついていて、車体がすごく振られる状態で結構酔ってしましました。

 

L1080755

どうにか到着。この後すぐ代車を用意してもらいこの日2度目の秦野へ。

その後代車で牧島さんの畑へ。牧島さんが一言、「エンジンに水かけちゃだめよ」

ごもっともです。