2017年5月22日 月曜日

2017 ワイン会 初夏の食材とワインのマリアージュ

L1040573

 

6月29日木曜日 19時からのワイン会のワインが決まりました。

ソムリエの五鬼上さんに料理に合うワインをセレクトして頂きました。

シャンパーニュ N.V  INITIAL.Grand Cru Blanc de Blanc Brut Jacques Selosse

白ワイン 2010 “Y” Ch d’yquem

白ワイン   1988 Corton Charlemagne Grand Cru Bonneau du Martyay

赤ワイン 1999 Corton Grand Cru Dom Latour

食後酒  2009 Castelnau de Suduiraut

L1030199

 

 

メニュー

初夏の牧島さんの野菜のアミューズ

蝦夷鮑の冷製オードブル

初夏の磯魚の海藻蒸し

修善寺 堀江さんの天城軍鶏のグリエ

デザート 初夏のフルーツを使ったデザート

オーガニックフレッシュハーブティー又はコーヒー

プティフール

料金 ¥20,000(料理・ワイン・税・サ込み)

お問合せ ラ ビュット ボワゼ

03-3703-3355

ご予約お待ちしております。

※仕入れの都合により、メニュー等 変更となる場合がございます。

L1030163

 

【開催日時】

6月29日(木) 19時より

場所 ラ ビュット ボワゼにて

料金 ¥20,000(料理・ワイン・税サ込み)

ご予約お問合せ TEL 03-3703-3355

ご予約は随時承ります。ご来店を心よりお待ちしております。

定員になり次第、受付を終了させて頂きます。

 

五鬼上 泰樹 ~プロフィール~

「美味しいワインをもっと楽しく」をテーマに20年ほど、

ソムリエ協会関東支部役員として愛好家の裾野を広げる。

またワインを学ぶ会「ごき塾」を通し500人以上のソムリエを輩出。

CIVBボルドーワイン委員会 国際講師。

ボジョレーワイン マスター騎士団

 

 

 

 

2017年5月20日 土曜日

若草色

L1040493

新緑から万緑へ移り変わって行く季節です。

 

L1040502

このころになると、蛙が鳴き始めます。

 

L1040508

虫たちも活発に動き始めます。

 

L1040529

休みの日に秦野に行った時には、イタリアンジェラートのお店に寄る事もあります。

L1040528

ここのシェフはイタリア人で、ミラノの北のマッジョーレ湖の出身だそうです。

私もミラノに1年ちょっと住んでいたので、マッジョーレ湖はよく遊びに行きました。

イタリア人は、本当にジェラートが好きで、夏の間は週に何回も食べます。

このお店は、春から秋までしかオープンしてなく、冬の間はずっと

ヴァカンスだそうです。イタリア人らしいな、と思いました。

とても美味しいジェラートで、東京からもわざわざ買いに来るお客様もいるそうです。

2017年5月15日 月曜日

竹笋生

L1040550

2017年の丹沢の筍は豊作でした。

L1040518

竹藪を歩き、太った筍を見つけました。

L1040524

筍の周りをしっかりと慎重に掘り、

L1040522

一気にクワを立て、根元から掘り起こします。

L1040526

しかし、やっぱり失敗しました。

完全に根元からではなく、途中から折れてしまいました。

L1040480

ちなみに、これは一日で息子さんとお孫さんがとった筍です。

松下さんが言うには、「息子より、孫の方が筍掘りはすごく上手い。」

とおっしゃってました。筍掘りは性格が出る。

息子はちゃちゃちゃと掘るから、失敗すると、、、

その点、孫はじっくり慎重に掘る。これで私もやっと引退ができると

おっしゃってました。

 

L1040531

左2本がお孫さんが掘った筍、右1本が私が掘った筍。

息子さんに来年は弟子入りをしようと思います。

L1040487

掘りたての筍を、松下さんがすぐ茹でてくれました。

 

L1040482

さっきまで、土の中に埋まっていた筍は、灰汁は全くなく、甘くて

すごく美味しかったです。

裏の沢の自生の山葵をつけて頂きました。

最高の贅沢です。

L1040535

お店に持ち帰り、フィスラーで火を入れます。

圧力鍋なので、15分で柔らかく仕上がります。

朝掘りの筍は、ランチにはお客様にお出しできます。

 

 

2017年5月6日 土曜日

丹沢の春

L1040474

山は山ブキが咲き乱れています。

 

L1040444

沢の水も温み、山葵、野芹、クレソン、野蕗などの新芽が出てきます。

 

 

 

L1040436

里山のクレソンは花をつけていました。

 

L1040471

沢ガニも活発に動き始める季節です。

 

L1040457

親ガニの後ろには小さな子ガニが寄り添っています。

生き物たちの新しい命が息吹く季節です。

 

 

2017年4月29日 土曜日

秦野の桜

L1040394

秦野の運動公園の土手の桜。

左手には天気が良ければ富士山が見えます。

L1040433

丹沢の山桜。

こちらも例年より満開が遅れました。

 

L1040388

里山は春爛漫です。

 

L1040454

「菜種梅雨」の朝に ヤゴから脱皮したトンボ。

羽は雨で濡れているので、じっとして乾くのをまっている?

透明感のある 美しい羽根 昆虫は自然界の芸術作品だと思う。

 

2017年4月22日 土曜日

お花見賄2017

L1040405

今年の桜の満開は、花冷えの影響で4月の8日くらいまでずれ込みました。

 

 

L1040399

枝垂れ桜の見ごろは、ソメイヨシノに遅れること一週間くらいでした。

 

 

L1040422

お花見賄のシャンパンのグラスの中には桜の花びらが。

 

L1040419

ちらし寿司と賄の一皿。

 

L1040428

天気も良く、以前働いていた金子君も参加。

 

L1040413

この日は、広島の実家から初物の筍が届きました。

妹に感謝。

 

2017年4月15日 土曜日

里山の春

L1040359

土手には大根の花が咲き始めました。

可憐な花で蕾を食べると大根の辛みがしっかりとあります。

料理の飾りつけに使います。

 

L1040362

沢には野蕗も育ってきました。

細い茎なので、灰汁も少なく柔らかく食べやすい蕗です。

 

L1040371

山の斜面はスミレも可憐に咲き始めました。

スミレはプティフールに付けています。

 

L1040296

山では熊笹の新芽を採って、熊笹のフィナンシェを焼いています。

味は新緑の香りがする、春らしいフィナンシェです。

2017年4月6日 木曜日

桜始開

L1040338

今年の桜の開花は今までで一番遅かったです。

今ようやく3分咲です。

 

L1040342

一年間のお礼も込めて桜にお神酒を上げます。

 

L1040321

見ごろは4月の中旬くらいで、枝垂れ桜に関しては、

4月の20日前後が見ごろになると思います。

花冷えで、お店としては桜が長く持ってくれることは

ありがたいです。

2017年4月1日 土曜日

ami車検

L1040209

シトロエン アミの車検をメカニックの上甲君とユーザー車検に挑戦しました。

前回の教訓で、作業着の方がプロっぽいのではないかと思い、今回は

シトロエンの作業着を用意。

L1040171

まずはいつも通り近くの整備工場で、フロントライトの事前調整。

これに引っかかるとまた最初から並び直さなければいけないので

しっかりと調整します。

 

L1040176

モニターを見ながら、針金や鉄板など色々なものを使って、少しずつ修正していきます。

 

 

L1040187

古い車なので相当手こづりましたが、どうにか修正出来ました。

 

L1040195

少し緊張しながら、レーンに並びます。

あの奥の車は、ランボルギーニ アヴェンタドール?4000万円超え

 

 

L1040197

ランボルギーニの周りには、いかついお兄さん達が寄ってきて、ディーラーの

人と話をしていました。そして、ディーラーの人がエンジンをかけ、アクセルを踏むと、お兄さんたちは大喜びです。車は人を笑顔にするのか?

L1040199

いろんなチェック項目をクリアしていきます。

 

L1040206

無事、車検取得。

何回やっても、やはり古い車の車検は緊張します。

しかし、やはりユーザー車検は料金が安い。

 

 

2017年3月25日 土曜日

春分

L1040267

陽気に誘われるようにして、土の上に可愛い顔をのぞかせる土筆。

 

 

 

L1040256

蕗の薹や土筆は小学生のころ、学校の帰り野球帽いっぱいに採って帰っていました。

 

 

L1040282

摘みとって袴を除き、つくだ煮や卵和えを良く、おばぁちゃんに作ってもらいました。

春の味です。