2018年7月14日 土曜日

沢の蛍

L1060512

夏の始まりの丹沢の沢は、水も澄、緑も増して来ます。

L1060508

ヤマメや岩魚を育む豊かな流れ。

 

 

L1060586

松下さん家の周りの丸沢近辺には、蛍が舞い始めました。

漆黒の竹藪の奥には、沢が流れていて、その下から蛍が舞い上がって来ます。

舞い上がる蛍を見ながら思わず ”

「ほ~、ほ~、ほ~たる こいっと。。。。」

と歌ってしまいます。

ずっと暗闇に浮かぶ揺ら揺らと揺れる蛍の小さな光を見ていると

竹藪の奥の沢に吸い込まれそうになります。

 

 

L1060627

蛍を数匹捕まえて、ガラスの器にいれ、料理を照らしました。

 

 

L1060610

お皿の上で料理を照らしてくれる蛍の光。

幼いころは沢山の蛍を捕まえて蚊帳の中に放し、星空のような雰囲気で夏の夜を過ごした事を思い出します。

PS

夏休みのお知らせ

9月の3日より、10日まで夏のヴァカンスを頂きます。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

2018年7月7日 土曜日

温風至

L1060443

実家のベランダの下には毎年ツバメが巣を作ります。

 

 

L1060458

 

標高の高い岩山には季節外れのツツジが一輪咲いていました。

 

 

L1060505

牧島さんの夏の畑は野菜が伸び放題で人が隠れてしまうくらいです。

夏野菜最盛期です。

 

L1060504

丹沢の山に熊笹を採りに行く途中、野ウサギが山から出てきました。

一瞬ですが、煮込んだら美味しそうだと思ってしまいました。

 

 

2018年6月30日 土曜日

広島にて

L1060446

実家に帰ると必ず行く場所、龍泉寺です。

お寺からは瀬戸内海が一望できます。

 

L1060453

山の頂上は八畳岩という岩があります。

 

 

 

L1060454

岩の周りは仏像が彫ってあります。

 

 

L1060481

八畳岩からは360°瀬戸内の景色が眺望出来ます。

 

L1060482

この景色は小さい時から見慣れた景色で、心落ち着く一番好きな場所です。

 

L1060485

お寺の山門からも瀬戸内海を見渡せます。

このお寺を守っているのは、アメリカ人の住職ドイクさんです。

帰省すると必ず会いに行き、いろいろと楽しいお話しをいつも聞かせてもらっています。日本人以上に”わびさび”を大事にする方丈さまです。

 

2018年6月23日 土曜日

小田原早川での釣り

image1 (6)

夜中から早川港での釣りを行いました。

 

 

 

 

image1 (1)

早川港にはいつも船釣りでお世話になっている海真丸が停泊しています。

後ろに見えるオレンジの屋根の建物は、以前働いていたステラマリスです。

餌釣りとミノーでシーバスを狙いましたが、まったく当たりもなく、、、

 

 

image1

結局餌釣りで小さなメバル一匹だけでした。

 

image1 (2)

釣れなかったので小田原市場に行き、

 

image1 (3)

ヒラメと

 

image1 (4)

サザエ

 

image1 (5)

アワビを仲買さんから買いました。

釣りに行くといつもこのパターンです。

L1060433

クーラーボックスの中には、メバル一匹。

5LDKに一人暮らし状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年6月16日 土曜日

入梅

L1060370

白神山地と岩手県を流れる川の源流からはマタギの人が釣った尺岩魚が届きました。うらやましいくらい体高の有る岩魚です。これぐらいを釣りたいです。

 

L1060398

小田原市場からはアコウダイそしてアオリイカが届きました。今年はアオリイカ釣りに挑戦したいと思います。

 

 

L1060350

お客様のリクエストに応えて、魔女の宅急便風ニシンのパイに似せたミートパイ

 

 

L1060278

お客様のリクエストNo,2 カメラ好きの新郎新婦、ライカM3のウェディングケーキ

 

 

 

2018年6月9日 土曜日

初夏のお野菜

L1060382

牧島さんの畑では初夏のサラダ類が最盛期です。

 

L1060383

ルッコラの花、セルバチコの花等、花も咲き乱れています。

 

L1060386

無農薬有機の畑なので、虫も沢山寄って来るので、大変な作業です。

 

 

L1060388

自然農法に近い育て方のサラダは力強く、色合いもはっきりとしています。

 

L1060389

この時期の花は小さな虫たちが寄って来るので調理前にしっかりと下処理をしなければいけません。手間はかかりますがお皿の上に花やサラダを飾る事によって初夏の清々しい一皿に仕上がります。

 

 

 

2018年6月2日 土曜日

苗代

L1060379

毎年恒例の苗代作りが松下さん家で始まりました。

 

L1060373

苗床も綺麗に順調に育っています。

 

L1060356

田んぼに水を張る時期になると、いっせいに蛙も鳴き始めます。

 

L1060363

箱根の熊笹を採る森ではイタドリが大きく育っています。

穂先を摘み、ベニエやデザート、ソースなどに使います。酸味が強く、パンチのある味になるので、好きな食材です。小学生の頃は皮を剥いてかじりながら帰っていました。

L1060366

この時期の野蕗は灰汁も少なく、農家の人たちは灰汁抜きもせず料理をします。

デザート等に使うと後から苦みが残る深い味わいになるので、よく使います。

2018年5月26日 土曜日

紫陽花

L1060402

庭の紫陽花も咲き始めました。

毎年少しづつ株を増やしているのでこの季節はとても楽しみにしています。

 

L1060391

丹沢の森は野生のフランボワーズが里山では最盛期を迎えます。

 

 

 

L1060392

森の中には珍しいオレンジのフランボワーズも見つけました。

甘味もあり、酸味も少し感じ、とても美味しい木苺です。

 

 

L1060395

桑の実も甘い実をつけます。小学生のころ、野球帽にいっぱい採り

カープの赤い帽子が紫色になったことを思い出します。

 

 

labutteDATE

 

丹沢の森の野生のフランボワーズのタルトレット

抹茶のクリーム添え

一年で作れるのは10名様分ぐらいです。

お客様はこのタルトを食べると、森の香りがすると言って下さいます。

 

2018年5月19日 土曜日

初夏

L1060321

 

精気がみなぎる新緑の木々。

L1060320

その香りを思い切り吸い込めば、元気をいっぱいもらえそうです。

L1060306

牧島さんの畑の近くの駐車場に少し変わった古い車が停まっていました。

この年代のトラックやバスも結構興味が有ります。

 

2018年5月12日 土曜日

立夏

L1060340

花菖蒲の季節です。若葉の間を渡って来る葉分けの風や、若葉風もみずみずしい香りを運んできます。

 

L1060293

まさに、風薫る季節。大根の花も里山に咲き乱れています。

 

L1060334

花もサラダや飾りに使いますが、その後にできるこの大根の実は、辛味大根の味がするとても好きな食材です。豆が大きすぎると硬くて食べられませんが、その手前で採取し、お肉の付け合わせなどに使います。