2019年3月23日 土曜日

水彩画とフランス車

L1070979

名古屋のアウト ガレリア ”ルーチェ”にて

 

L1070980

永島 譲二の世界”水彩画とフランス車”に

 

L1070981

知人の車が展示されたので見学に行きました。

 

 

L1070989

彼はカーデザイナーでフランス車をこよなく愛する人です。

 

 

L1070991

ami6も展示されていました。彼の柔らかいタッチはamiの愛らしさをとても上手く表現していると思います。

 

 

L1070994

ami superと兄弟のami6 後ろのクリフカットが特徴の可愛らしい車です。

かつてシトロエンのスタイリング部門を統括していたフラミニオ・ベルトーニは

amiのデザインが一番好きだと言っていたそうです。

 

 

 

2019年3月16日 土曜日

春の訪れ

L1080076

丹沢の日当たりのいい斜面では、土筆が芽を出しました。

 

L1080071

蕗の薹も芽吹いています。

 

 

 

L1080079

沢ではクレソンの新芽、野芹も若葉をつけ始めました。

 

 

L1080051

 

畑ではネットの下に芽吹いてくる小さなサラダを牧島さん丁寧に採ってくれます。

 

L1080059

隣の畑の山羊のゆきちゃんに友達が出来ました。

 

2019年3月11日 月曜日

夜釣り

 

L1070998

米神での夜釣りで、電飾浮きを使った深瀬釣り

 

 

L1080004

ワームでメバル

 

 

 

L1080009

ジギングでアオリイカ、ヤリイカを狙っていましたが、何かは釣れるだろうと思っていましたが、甘かったです。

 

L1080018

気温は2度、手かじかんで餌をつけるのも大変でした

 

L1080032

夜が明けても、周りもあまり釣果が良くないようで

 

L1080048

隣のおじさんが皆に飴を配ってくれました。

そのあとすぐに、おじさんは39cmのメジナを釣り上げました。

 

L1080047

釣りの神様はちゃんと見ているのです。

次回は魚の餌よりも、まわりに配る飴やショコラをもって行こうと思っています。

 

2019年3月2日 土曜日

シェフに会いに

L1070959

勝俣シェフに会いに箱根へ。

オーミラドーのすぐ近くでプティフールに使う熊笹の採取。

箱根の熊笹は丹沢より幅が広くしっかりとして最高級品です。

 

 

L1070961

とても美味しいお食事を頂き、記念撮影ですが、やはりシェフちょっと怖いです。

 

 

 

 

L1070965

相変わらずとても元気そうで、すごくパワーを頂きました。

ありがとうございました。

2019年2月23日 土曜日

カラス

L1070892

信州からジビエとしてクチブトカラスが届きました。

猟師さんは山の中に檻を仕掛けて、捕獲しています。

何羽か入っても、一羽か二羽は残しておいて、仲間を呼ばせるそうです。

 

 

 

L1070899

山の中で捕獲されたカラスは肉質はヤマバトに近いです。

 

 

L1070968

胸肉は内臓と一緒に挽肉にし、もも肉はコンフィで仕上げました。

ジビエ好きの方にお出ししましたが、みなさん初めて食べたとおっしゃっていました。

2019年2月16日 土曜日

滝行2019 vol,2

L1070929

この日は例年よりは外気温は少し和らいでいましたが、やはり沢の雪解けの水は冷たく痛いです。

L1070930

 

 

L1070932

邪気、邪念を払い、煩悩を断ち、滝水、岩、空気、自然と一体になると体が軽くなり、周りの音までが消えていく感じになります。

 

 

L1070936

今回初めてのスタッフですが、なかなか入れません。

 

 

L1070934

勇気を出して

 

L1070937

 

 

 

 

L1070941

ここまでやれば体が軽くなったような気がします、と言っていました。

 

L1070944

二人目もなかなか奥に行けません。

 

L1070945

無理で~す

 

との事。

L1070947

それでももう一度気持ちを振るい立たせて・・・

でも腰が引けていますが、、、

L1070948

2秒で出てきました。

来年は必ずリベンジしますと言っていました。2年越し、3年越しの人も沢山います。

 

 

L1070956

今年はキャフェタイムは豆を挽き、ドリップで落とし、プティフールまでご用意しました。

 

L1070951

やり終えた後のコーヒーは心と体に暖かく、染みわたります。

 

2019年2月11日 月曜日

滝行2019 vol,1

L1070909

今年も極寒の滝行の季節がやってきました。

しかし今年は例年より寒さが和らいでいて、登山道の斜面も雪は有りませんでした。

 

L1070913

毎年前日や当日にやらない人が出てくるのですが、今年もここまで来て

キャンセルした人がいました。

 

L1070914

彼が言うには、お母さんが「あなたはやってはダメよ」と言われたそうで

その母親と言うのは、私の妹です。

 

L1070917

いつも通りお清めの塩を盛り、滝行の無事を祈ります。

 

L1070928

呼吸を整え、気持ちを静めてお祈りしながら、ゆっくりと滝壺へ・・・

 

2019年2月2日 土曜日

瀬戸内釣り紀行2019初春 vol,2

L1070786

広島から愛媛県、そして山口いろいろな場所を釣果を求めて船を走らせます。

知らない島や場所が沢山ありこの島は野生のヤギがいる島だそうです。

 

 

L1070784

この島は別名猫の島だそうです。

 

 

L1070779

この島は清水国明さんと釣り具メーカーが共同で購入した島だそうです。

 

L1070850

瀬戸内で初めてガンツーを見ました。一度乗ってみたいです。

 

L1070802

冬の一日は短く、帰路も寒さの中、じっと耐え帰港します。

 

 

L1070804

本日の釣果はウマズラカワハギとアジです。

カワハギは別名エサ取り名人と言われ、結局はリリースするくらいのサイズしか釣れませんでした。このカワハギはいとこのお兄ちゃんが釣ったものです。

楽しみにしていた太刀魚は周りの船からの情報により、釣果が期待できないと言う事で、断念しました。

 

2019年1月26日 土曜日

瀬戸内釣り紀行2019初春 vol,1

L1070718

今年最初の釣りは、瀬戸内でカワハギ、太刀魚釣りでした。

早朝5時、竹原港からの出港でした。

 

L1070726

清太郎丸の船頭さんは遠い場所でもどんどん行く人で、高松を超えて佐多岬方面へ向かいます。

 

 

L1070731

朝焼けの高松、気温2度、時速25ノット45キロくらいのスピードで約2時間寝たら死ぬのではないかと思うくらいの寒さと水しぶきの中で、じっとうずくまって耐えます。

 

 

L1070758

最初の釣り場はダッシュ島のトロッコで有名になった島の前で、ウマズラカワハギを狙います。

 

 

2019年1月19日 土曜日

龍泉寺

L1070868

帰省したら必ず行く場所です。

 

 

L1070862

このお寺から見える瀬戸内海はいつも感動します。

 

 

L1070863

瀬戸内を360度見渡せるお寺なので、朝日も夕日もとても綺麗です。

 

 

L1070693

しかし、今年はすこし様子が違っていました。

西日本豪雨の影響で、参道が至る所で山崩れ、崖の崩落で車で登るのはとても困難な状況になっていました。

方丈さんのドイクさんも今はあまり街に降りていないとおっしゃっていました。

一日でも早い復旧を望みます。