2016年9月10日 土曜日

瀬戸内コラトゥーラ Vol,2

L1030278

 

イワシの状態を見ながら、ゆっくり熟成させていきます。

その間、風に当てたり、温度を気にしたり、いろいろと

手をかける作業が有るそうです。

L1030264

 

熟成した物は、重しを乗せて少しずつ濾過させます。

 

L1030250

 

再度、ろ紙で不純物を取り除きます。

一滴一滴少しずつ芳醇な香のコラトゥーラが仕上がります。

L1030251

 

丁寧に慎重に瓶詰め作業を行います。

 

 

L1030253

 

シール張りも輪ゴムで位置を決め角度、高さ一ミリの

狂いもなく貼っています。

こうして平生の海の恵みと宇佐川さんたちの丁寧な作業により

素晴らしいコラトゥーラが出来上がります。

 

L1030320

 

PS

帰りの飛行機はボーイング787

ロールスロイス社のトレント1000のエンジンを掲載。

遠く後ろに見えるのは富士山です。

2016年9月3日 土曜日

瀬戸内コラトゥーラ Vol,1

L1030248

 

瀬戸内 山口の平生にコラトゥーラ作りの見学に行きました。

 

 

L1030254

 

作っているのは漁師の宇佐川さん。

彼はアポなしでイタリアのアマルフィまで行き、地元の

漁師さんにコラトゥーラ作りを教わってきたそうです。

 

 

L1030255

 

イワシを潰して付け込んで、熟成させます。

 

L1030276

 

中をのぞくと、甘く美味しそうな磯の香りがしてきます。

宇佐川さんはコラトゥーラを自分の子供のように愛し

育てているおっしゃっていました。

 

 

2016年8月28日 日曜日

小さい秋

L1030187

丹沢の山も少しずつ夏の終わりを感じられるようになりましたが

相変わらず山ヒルは大発生しています。

奴らは上からも降ってきて、首にくっついてきます。

 

L1030179

 

山の木の実も少しずつ実ってきます。

山の斜面にはサルナシの実が落ちていました。

サルナシはサクランボくらいの大きさです。

キュウイの原種と言われていて、切ってみると

キュウイの実そっくりで、味もキュウイです。

生で食べたり、リキュールに漬け込んで

サルナシ酒をつくります。

L1030185

 

畑ではチェリーセージの花、かわいらしい赤い花は

甘い香りがします。

 

 

L1030170

 

黄色い花は落花生の花、秦野は落花生の産地で

秋には沢山収獲されます。ちなみに落花生は

サツマイモのように、土の中から収獲します。

 

 

2016年8月20日 土曜日

鯛ラバ vol,2

L1030197

長くなりそうな一日の始まりです。

でも運よく、海はベタ凪。船酔いは無いと思います。

 

L1030199

大久野島沖でまずは型の良いアコウを一本上げました。

こういう魚を見ると、「こんな風に料理したら美味しいだろうな」

と考えが出てきます。

 

L1030218

sky marine号はいろんな場所に連れて行ってくれます。

次は大崎下島、そして御手洗沖で鯛狙いです。

 

L1030216

一本目から型の良い真鯛を上げる事が出来ました。

鯛の引きは独特で、本当に魚とのやりとりは興奮します。

 

L1030210

これが鯛ラバの重りと疑似餌です。

最初見た時は、こんなので釣れるのかと思っていましたが

釣果は抜群です。

 

L1030208

次に向かったのは愛媛県の来島海峡近くの肥島、大下瀬戸の

海峡付近でブリ、ハマチ狙いです。

船でナブラが立つ近くまで行きエンジンを止め

ナブラ目掛けてジグを投げ込みます。

初めてナブラを見たときは驚きました。

急に海面が競り上がってくるような感じになり、

そしてアジ、サバ、サヨリなどの小魚が海面一面

ブリやハマチに追われて飛び跳ねています。

今回は何度もジグを投げ込みましたが結局ブリを

仕留める事は出来ませんでした。

次回は必ず・・・

 

 

L1030230

12時間の釣りを終え、竹原漁港に帰港すると

生簀に泳いでいた魚を一本一本丁寧に船長さんが

神経締めしてくれます。

L1030223

その様子を真剣に見守る親戚のお兄さん。

以前ある漁師さんが言っていました。

「魚は命がけでエサを食べに来る、魚にとって正に生きるか

死ぬかの覚悟で来るのだから、釣り師も魚や自然に対して、

謙虚で真摯に向き合わなければ、魚に対しての冒涜になる」

親戚のお兄さんの釣りに対しての姿勢でこの言葉を思い出します。

法事などで顔を合わす時のお兄さんとは顔つきが違います。

この人は行き着くところは漁師になるんじゃないかと・・・

 

L1030233

今回の釣果。

大満足です。もちろんすべてありがたく美味しく頂きました。

 

2016年8月13日 土曜日

鯛ラバ初挑戦 vol,1

L1030193

瀬戸内海での鯛ラバ初挑戦です。

去年に続き、海に近づき竿を持つと目つきが変わる

親戚のお兄さんに指導を受けました。

 

L1030188

朝5時半に竹原港に着き、まずは鯛ラバの棚のとり方。

リールの巻く速度、魚とのやり取りの仕方など、

いろいろと船に乗る前にレクチャーを受けました。

 

L1030189

6時に大崎上島から今日お世話になるsky marine号が到着しました。

 

L1030190

このタモを見ると、嫌が応にも期待が高まります。

 

L1030194

最近の釣り船には、GPSレーダーなどがしっかり装備されていて

近くの船の動きはもちろん、今までの釣果、棚、魚種など

すべてデータとしてモニター現れます。

最初の大久野島沖ではアコウ狙いです。

まずは一本上げるのが目標です。

2016年8月6日 土曜日

竹細工

L1030167

 

プティフール用の竹の器を作るために、太い竹を切り出しました。

 

L1030076

 

でも、一人でやっているので、ちょっと失敗です。

 

 

L1030079

 

切り分けた物を、竹細工職人の有田さんの所に運びます。

今回は教えて頂いて自分でも作ってみようと思っています。

 

L1030102

 

最近、自分でやった事といえば”ユーザー車検”です。

品川陸運局に車を持ち込んで、自分で車検を取りました。

持ち込む前に、一番引っかかりやすいライトの位置の調節は

陸運局の近くにある民間の工場で入念に調節して車検に臨みます。

それから本番の 品川陸運局へ車を移動します。

検査員の前のレーンを通すときは さすがに少し緊張します・・・

周りの人達は ほとんどが車関係の仕事をしている人達でした。

次回は 検査員になめられないように つなぎを着てこようと

思いました。しかも少し汚して・・・

2016年7月30日 土曜日

夏の畑

L1030109

 

雨上がりの畑に雉がつがいで現れました。

 

L1030163

 

毎日暑い中、牧島さんが日中でも畑仕事をされます。

いつも本当にありがとうございます。

 

L1030156

 

フランスでサラダで食べられるプルピエ「スベリヒユ」

 

L1030157

 

セルバチコの花(ワイルドルッコラ)

 

L1030158

 

大きく育ったサラダ

オーガニックの野菜を沢山車に積んでお店に帰っていると

L1030089

 

たまにこういった同乗者が現れてきます。

2016年7月23日 土曜日

丹沢の森でトリュフ発見?

L1030110

 

タマゴ茸の季節です。里山から森へと採取する場所が変わってゆきます。

 

 

L1030118

 

山百合は緑の中でとても綺麗です。

キノコを探して森の奥に入っていくと、猪がすごく土を

掘り起こしたところが有り、なんとなくトリュフの香がするなぁと

思い、周りを手で掘ってみると、

L1030123

 

沢山のトリュフ 日本名では”松露”が出てきました。

香りもトリュフ、食感もトリュフです。

さっそくその日のお客様にお出ししました。

信じてもらえないお客様もいらっしゃいました。

でも、私も22年丹沢の森に入って初めての発見です。

これからは 家の犬を訓練して トリュフ犬にしようかな。

2016年7月16日 土曜日

沢の蛍

 

 

L1030133

 

丹沢の松下さんの裏の沢には、カワニナがいるので

毎年沢山の蛍を見る事が出来ます。

休みの日に蛍を見に、必ずここに来ます。

 

L1030153

 

蛍の幼虫は土の中で蛹になります。そこから出てきて

羽化し、藪の中に点滅する光の帯をつくります。

 

L1030152

 

月の光に負けない幻想的な輝きです。

 

L1030166

 

PS

ヴァカンスのお知らせ

8月1日(月)~8月8日(月)まで夏休みを頂きます。

よろしくお願いします。

2016年7月9日 土曜日

渓流

L1030025

 

今シーズン初めて渓流に入りました。

 

 

L1030014

 

小さな山女魚一匹、2時間の釣果。

もちろんリリース。お客さまに提供する山女魚は次回に狙います。