2017年8月22日 火曜日

ラ ビュット ボワゼ 23周年フェアのお知らせ。

お陰様で9月17日をもちまして、23周年を迎える事が出来ます。

ひとえにお得意様及び皆々様のお陰と深く感謝しております。

この度23周年の記念の特別メニューをご用意させて頂きます。

9月8日(金)~ 9月18日(月)

ランチ ¥6,000 (税込・サ別)

ディナー¥12,000 (税込・サ別)

ささやかなプレゼントもご用意しております。

ご予約をお待ちしております。

 

L1040955

2017年8月21日 月曜日

アコラバ2017 Vol,2

L1040956

今回使うタックルは、アコラバ専用です。

タイラバとはネクタイなどはよく似ていますが、重りの形状が違います。

L1040983

来島海峡は水深80m~100mくらいなので、一緒に行った親戚のお兄さんは

電動リールを使い、最初からいきなり50㎝くらいの真鯛を釣り上げました。

 

L1050020

まず、25㎝くらいのアコウ、真鯛に比べて引きはそんなに強くなく、ずっしりと

重さを感じました。

 

 

L1050021

それから、少し大きめの32、3㎝のアコウ。

 

L1050023

それからも順調に釣れました。

 

L1050026

瀬戸内ではアコウと呼ばれていますが、関東ではキジハタと呼ばれる高級魚です。

 

 

L1050033

本日の釣果。まずまずだと思ったのですが、竿頭は16本釣ったそうです。

まだまだ、修行が足りません。

L1050147

釣った魚はすぐに船頭さんに神経締めをして頂いたので、お刺身、煮つけにしても

身質がとてもよく、本当に美味しく頂きました。

一緒にいった親戚のお兄さんは、竿頭になれず、50㎝超えも上げれなかったので少し不満げでした。次回は是非、50㎝越を狙います。

 

 

 

2017年8月12日 土曜日

アコラバ2017 Vol 1

L1040919

今年の夏の瀬戸内の釣りは”アコラバ”です。

出船は尾道東市場の前の桟橋からです。

L1040920

朝4時くらいなので流石に市場も静かです。

 

L1040923

お世話になるのは尾道のオーフリー艇です。

 

L1040924

平日の朝早い時間でもスポーツフィッシングは今人気があります。

L1040925

穏やかな瀬戸内海の東尾道港を5時に出廷です。

 

L1040926

船長は福永氏です。若い船長ですが研究熱心で釣果も良く、人気の有る船のようです。

 

L1040932

尾道大橋をくぐり、尾道水道へ

L1040935

尾道の街並みと千光寺を右手に見て

L1040953

多々良大橋を抜け

 

L1040955

この辺でようやく日が昇ります。

L1040956

今回使うタックル、アコラバ専用

 

L1040970

今日の最初の釣り場は真鯛などでも有名な来島海峡です。

嫌が応にも興奮してきます。

 

2017年8月6日 日曜日

メニュー変更のお知らせ

L1050086

8月8日の夏休み明けより、コースの構成の変更をさせて頂きます。

ランチコース ¥6,000 (税込み・サ別)

・オードヴル

・お魚料理

・お肉料理

・デザート

・プティフール

・オーガニックフレッシュハーブティ又はコーヒー

 

ディナーコース ¥11,000 (税込み・サ別)

・アミューズブーシュ

・一皿目のオードヴル

・二皿目のオードヴル

・お魚料理

・お肉料理

・アヴァン デセール

・デセール

・プティフール

・オーガニックフレッシュハーブティ又はコーヒー

 

 

2017年8月5日 土曜日

夏の畑

L1040840

牧島さんは夏の暑い日差しの中でも、毎日野菜の面倒を見てくれます。

L1040832

紫獅子唐も実ってきました。

L1040843

夏と言えば、紫蘇です。紫と青紫蘇です。

L1040837

小さな可憐な花をつけているのはタイバジルです。

甘味も少しあるバジルです。

L1040847

飾りにつける矢車草

 

L1040855

青大根も大きく育ちました。茹でると青みが増し、見た目にも爽やかな色に仕上がります。

L1040851

八月の暑い日も続きますが、横の栗畑では、秋に向けて栗が少しずつ成長しています。

2017年7月29日 土曜日

シーバスルアー

L1040781

またも懲りずに早川の海岸に夜中からシーバス釣りへ。

 

 

L1040782

いつも通りまったく当たりもなく、釣れません。

 

 

L1040787

それでも帰って魚が食べたかったので、すぐ横の小田原市場へ。

 

 

L1040806

釣りたいスズキが活けで泳いでいました。やはり、海には居るんだ。

 

L1040793

 

L1040794

L1040798

方々

L1040799

エイ

L1040800

 

 

 

L1040801

カワハギ

 

 

L1040804

知り合いの仲買人に頼んで、

 

L1040803

鰆を競り落としてもらいました。

 

L1040815

帰って鰆でマリネ、お刺身、しゃぶしゃぶ等

釣れなかったけど、これで良しとしよう。

2017年7月21日 金曜日

夏の魚

L1040773

毎日暑い日が続いています。

この時期は丹沢の山にいつものタマゴ茸を探しに行きましたが、、、

L1040828

今年は、雨が少なく地面がカサカサに乾いていて、まだ一本も採れていません。

 

L1040771

山口の平生、宇佐川さんから活〆のオコゼが届きました。

身は火を入れるとふっくらとします。

 

L1040769

小学生の頃、父親と大久野島の岩場で大きなオニカサゴを釣ったのを思い出しました。オコゼの顔は誰かに似てる?

P-S

10月4日の水曜日、ワイン会のメニューをイベントのページに載せました。

お月見のワイン会です。ご予約をお待ちしております。

当日の月夜をお祈りして。

ワイン会のご案内

 

2017年7月15日 土曜日

ラーモニ ドゥ ラ ルミエール 

L1040667

岐阜のラーモニ ドゥ ラ ルミエールの山村シェフに会いに行ってきました。

30年ぶりの再会です。少し緊張します。

L1040665

長良川の川辺のマンションにあるレストランです。

今の時期は鵜飼いの船が沢山出ていました。

L1040660

レストランのあるマンションは少しレトロっぽい?感じでまさかこの上に?と少し不安になります。レストランとのギャップがあり、とても驚かされます。

L1040663

5階のレストランからは長良川が一望でき、とても開放的な空間です。

 

L1040676

30年前の山村シェフは本当に怖くて、近寄りがたい人でしたが、ちゃんと覚えてくださっていて、昔と同じように料理について熱いお話しを聞かせて頂きました。

L1040673

こんな風ににこやかに一緒に写真を撮って頂けたとは、、、

昔では想像できませんでした。

お話は食後にマダムから奥の秘密の部屋のような所に案内されて

「森重君帰る時間ははっきり伝えといた方がいいわよ」とシェフが来られて話し始めて40分くらいたったころ、その意味がようやく分かってきました。

昔から料理の話になると熱く話される方で、今回も色々言いお話を聞かせて頂きました。

「料理はお客様の為に作るんだぞ」「自分を売り込むために作るな」「料理は食べるものなんだ」「お皿の向こう側にあるものをお客様に感じ取ってもらえるような料理を作れ」などなど、、、

気合いを入れて頂きました。本当に時間があればもっともっとお聞きしたかったです。しかし、車で往復11時間の道のりなので帰りの事もあり、名残惜しかったですが、、、また寄らせて頂きます。

本当にありがとうございました。

2017年7月8日 土曜日

森の中のフランボワーズ

L1040683

里山から採れ始めたフランボワーズは今、丹沢の森へ登ってゆきました。

L1040701

森の奥に入ると朝方はいろんな動物に会います。

今回はお尻の白い小鹿に会いました。

でも流石に熊には会いたくないです。

L1040695

やはり動物たちも木苺を食べるのかな?

L1040685

山ヒルとフランボワーズのトゲトゲと格闘しながら30分。

色も鮮やかでしっかり甘酸っぱい野性味あふれる味です。

 

2017年6月29日 木曜日

夏休みのお知らせ

L1040748

梅雨の合間に丹沢の沢に渓流釣りへ。

 

L1040743

夜中に出発し、沢で夜明けを迎えます。

L1040758

砂防ダムの深みを狙って、早朝の一投目。

L1040704

小ぶりですが、ヤマメを釣り上げ、お客様の顔が浮かびました。

L1040733

続いてすごい竿のしなり。トラウトです。

L1040738

順調にヤマメを何匹か釣り上げました。

ヤマメは本当に美しいです。

L1040754

今回はお客様にお出ししたかったので、どうしても釣果を

上げるために餌釣りでした。次回はルアーかフライで、、、

でも、やっぱり釣果かな?

L1040762

P,S

夏休みのお知らせ。

7月31日(月)~8月7日(月)まで夏休みを頂きます。

よろしくお願い致します。